英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

メシマズ

またまた更新が空きましたが、最初に報告があります。

現在、人生のターニングポイントにつき、英語学習を来年の
4月まで一旦休止したいと思います。

PodcastやNHKのラジオ講座は聞き続けますが、それ以外の
英語学習の時間は、次の会社のための学習時間にあてる予定です。

それに従い、このブログをどうしようか悩みましたが、更新は
引き続き続けていきます!

当然、英語ネタがほとんどなくなりますので、恐妻ネタを
メインに日常ネタも少々書きたいと思っています。

# 30代後半の中年男性の日常に需要があるとは思いませんが。。。

と、いう訳で、久々の恐妻ネタです。

どうも、最近、かみさんの手料理が、少しではありますが
苦痛になってきました。。。

もともとうちのかみさんは料理下手ではないのですが、
決して上手という訳でもなく、最近はレパートリーが
固定化されてきて、『またこれか。。。』と思う事が
増えてきました。。。

世の中には、かみさんの料理と戦っている旦那さんも多いようで、
2chで『嫁のメシがまずい』という話題に沢山人が集まるのも
なんだか分かるような気がします。

私が一番同意できるスレタイは、

【言うも地獄】 嫁のメシがまずい 25皿 【言わぬも地獄】

ですね。

ちょっとこれはどうかな、、、というような料理の時でも
素直に感想を言うと、1週間は機嫌が悪くなるので、

「なんとも言えない味ですねぇ〜。。。」

などと、ごまかすしかありません。

そんな苦しい料理が出てくる事は少ないのですが、最近は
レパートリーの固定化が、ちょっと気になります。

それを指摘したとしても、

「そんな事言うならら、こうがレシピ考えてよ!!」

とブーメランになりますので、指摘する事もできません。

一応、私は料理好きなので私が料理しても良いのですが、
それはかみさんのプライドが許さないようです。

う〜ん、、、ちょっと良い方法考えます。

尚、身につまされる記述があったので引用します。

引用元
http://sabacurry.wiki.fc2.com/wiki/%E5%90%8D%E8%A8%80%E9%9B%86?sid=0de206ab029974737460d645ebb3c63d

-- 以下引用

【嫁は熱いうちに打て】
 熱いうちはたたけば、思い通りの形に加工が可能であるが
 冷めてしまっては、叩くだけうるさい音が跳ね返ってくる鉄のように
 結婚初期における新婚アツアツ期間を、メシマズ矯正期間とし
 適切且つ迅速に活用しなければ熱が冷めてしまった後の人生において、
 とても辛い思いをするという戒めを込めた言葉。
 
 「そのうち何とかなるだろう」「まぁ、慣れるさ」などと
 悠長に構えていた結果なんともならず
 修正時期を逸してしまい、とんでもないものを食い続けるという失敗例が
 数多く報告されているため注意が必要である。
 
 「じゃあ今までは、ずっと嘘をつき続けていたの?」との言葉に
 立ち向かいたくなければ、早期治療が望まれる。
 なお、メシマズ矯正を刀の鍛造工程に例える場合もあるが
 正しく矯正するためには、刀鍛冶も優秀である必要がある。

--引用ここまで

「じゃあ今までは、ずっと嘘をつき続けていたの?」

この言葉、、、身につまされます。。。

ちっ、違うよ。。。夫婦生活を穏やかに生活するために、
気を使ってきただけなのに、、、


う〜ん、、、今回のブログは書くの難しい、、、

繰返しになりますが、決してかみさんのメシがまずい訳では
ないんですよ。。。

たまにびっくりする料理が出てきたりするだけで、、、

。。。ボロがでない前に、切り上げます。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2012/12/01(土) 01:40:52|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

おさむにはまるかみさん

最近、とんとご無沙汰な、かみさんの話でも。

このブログを始めた時、かみさんを『堂本光一大好きっ子!』、
と紹介していたのですが、最近かみさんは、向井理にはまっています。

特に、今クールのドラマ『ハングリー』は、大のお気に入りのようで、
このドラマがある日は、私は早く帰宅し、子供達の面倒を
みなくてはなりません。

もちろん、ドラマが流れている間、真剣に見入っているかみさんに
話しかける事は厳禁です。

ドラマが終わった後に、

「こうのせいで大事なセリフが分からなかったじゃない!!」

と怒られる事、確実なのですから。

ただ、確かに向井理は、同姓から見ても格好いいですね。

でも実は、私の高校の先生に、名前が『理』という先生が
おりまして、彼を見るたび、その先生の事を思い出してしまいます。

その先生は向井理というよりかは、温水洋一のような先生で、、、
いや、以前、この話をかみさんに話した所、非常に機嫌が悪くなったので、
この話は私の胸の中だけにしまっておきます。

まあ、かみさんが男優さんにはまろうが、それでいつもご機嫌で
いてくれるのであれば、私は全然かまわないですけどね。

「でも、こうよりかは現実味あるよね。
 私と向井理なら。」


はい?

突然、何をおっしゃられるのでしょうか。。。

現実味って、何の現実味でしょう?

「こうは、堀北真希でしょ。
 私と向井理の方が年齢が近いじゃん。」


いきなり、私の好みをばらさないで下さい。。。汗

ただ、年齢が近いったって、果てしなく現実味はないような
気がするのですが。。。

それに、私はべつに堀北真希と、カップルになりたいとかそういう
訳ではなく、ただ単純に、、見ていてかわいいというか、なんというか、、、

「ていうか、こうの場合は犯罪でしょ。犯罪。
 どれだけ年が離れてると思ってんの?」


うぐぐぐ。。。

。。。適当な夢をほざいているだけではなく、私を犯罪者扱いっすか。。。

。。。

まぁ、夫婦間で、いつも、こんな下らない会話ばかりしています。。。



と、これで終わってはあまりに意味のない更新なので、
瞬間英作文トレーニングの状況報告でも。

とりあえず1回目の3分の1は終わったのですが、
あまりの話せなさぶりに、予定変更で、もう一度最初から
やりなおしています。

簡単な文章は少しづつ、話せるようになっているのですが、
何となく英文を暗記していて、訳にこの暗記を利用して
しまっているような気がします。
# 暗記に頼ると応用が利かなくて、ちょっとでも文章が変わると
# 途端に話せなくなりますからね。

まあでも、暗記に頼ろうとも、この本を終わらせれば、この本に
載っている文章はすぐに英語にできるようになる訳で、
この本を信じて、引き続き取り組んでいきたいと思います。

桜の花が咲くころには、英検2級、受けられるかなぁ。。。

----
↓ブログの投票ボタンも復活させました。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2012/02/04(土) 01:44:22|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

さすがベネッセ

以前このブログにおいて、長男が公文で英語学習している事を
お伝え致しましたが、予想に反し、未だに続いています。

最近、初期導入のステージから、中1レベルのステージに
昇格したみたいで、現在はbe動詞と格闘中のようです。

つい先日、ふと、そんな長男にお誘いしてみました。

「一緒に、基礎英語1で勉強しない?」

「難しそうだからやだ。」

即答です。

英語の学習意欲を疑いたくなるような返答ですが、これでも
嫌々学習しているようでもないので、そっと見守る事にしたい
と思います。。。

と、いうよりも、今日は次男。
次男の英語についてのお話なのです!

次男坊は現在2歳半ばなのですが、兄弟揃ってベネッセの
チャレンジを定期購読している事もあって、ベネッセから
英語教育の宣伝封筒がひっきりなしに送られてきます。

この封筒の中には、毎回、購読申込書と共に、宣伝マンガの
載った小冊子が入っているのですが、ついつい夫婦ともども、
このマンガを読んでしまうのです。

この宣伝マンガのパターンは大抵同じで、だいたい
こんな感じでしょうか。

「最近、子供と会話を楽しめるようになって、
 成長を見守るのが楽しいわ。
 でももっと、子供の成長を伸ばしてあげる事はできないから。」

 (↑主人公はいつも主婦さん)

そしてこの後、この英語講座を受講している別なママさんと会う。

「あらっ。○○さん、ベネッセの英語講座始めたの?」

「うん。期待しないで始めたけど、
 結構、××にあっているみたい。」


「でも、△△でしょ。」

「うん、多少はね。でも□□だよ。」

「それなら、ちょっと調べてみようかしら。。。」

そして、家で。

「ふ〜ん、、、思ったよりも○○○○なんだ。
 結構、××に合っているかも。」


そして旦那登場。

「でも、□□なんだろ。」

「うん。確かにそうかもしれないけど、△△なのよ。」

「じゃあ、やってみるか。」

そして教材が届く。

「あの××が楽しんで取り組んでる〜!!
 結構いいかも」


そして、友達と再会。

「あらっ。××ちゃんも始めたの?」

「うん。教えてくれてありがとう!」


てな具合です。

まあ、さすがのベネッセさんなので、宣伝といえども、
押しつけがましくなくソフトな感じで、ついつい
微妙にパターンを変えたこの宣伝マンガを読んでしまいます。

ですが、我が家は2歳児に英語教育を行う必要性を感じて
おらず、家計的にも、そんな余裕はありません。

我が家に宣伝を送るのも、ベネッセさんの郵便代が
もったいないと思うので、止めて頂いた方が良いかと、
思います。

「ねぇ。こう。」

「んっ。なに?
 突然。。。」


「あのね。
 次男ちゃんのベネッセの英語講座、
 申し込んでおいたから、よろしく。」


なんか、申し込んでいる人、ここにいる〜!!

「えっ。。。なんで。
 あれほど、2歳児に英語はいらんっ。って
 言ってたのに。。。」


「勘違いしないで。
 これが欲しいだけなの。」




「。。。」

「これすごいんだよ。
 手で触った箇所を英語でしゃべるんだって。」


「。。。」

「ほらほら。子供もこうやって喜ぶみたいだし。」



「。。。」

「ほらほら。DVDにも連動しているんだって。」



「。。。」

そんなわけで、本当に我が家には、

 こどもちゃれんじ english ぽけっと

の準備号が届きました。

まだ、かみさんの目的のしまじろうは来ておらず、とりあえず、
お子様ランチのおまけについていそうな、ちゃちなマラカスが
ついてきました。

このマラカス、次男坊には不評のようで、早くも、
どこまで遠くに投げられるか、という誤った使い方の
おもちゃと化しています。

まあ、折角英語教材を購読したのですから、このブログでも
レビューをしていきたいと思います。

果たして次男坊は、バイリンガルになれるのか!!!
(やけくそ)

ベネッセさん、こういった家庭があるから、お金がかかっても
広告を送り続けていたのですね。。。

郵便代の無駄と言ってしまって申し訳ありませんでした。。。
(T_T)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2011/02/19(土) 01:44:58|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

買い物

結婚生活も10年を超え、ようやくかみさんが満足できる
程度の家事も、そつなくこなせるようになってきました。

これで、リストラされてもそれなりに生きていけるな、
と思いつつも、未だに苦手な家事があります。

皆様、おわかりになりますでしょうか?

そうです。それは買い物(お使い)です。

なんで買い物が難しいんだ!

『初めてのおつかい』でも、3歳児が立派におつかいし
ているじゃないか!

というお叱りを受けそうですが、そんな方々も、以下の再現
フィルムを見て頂ければ、きっと理解して頂ける事でしょう。


プチッ。(再現フィルムの再生ボタンを押す音)


「こう。会社帰りに、歯磨き粉買ってきてね。
 今と同じ、ク○アクリーンね。」


「おっけい!」

そして、会社帰り。ドラッグストアの歯磨き粉の棚の前にて。

『うっ。ク○アクリーンにこんな種類があるなんて。。。
 今、うちで使っているやつってどれだっけ。
 確か緑色だからこれだな。』

そして帰宅。

「ただいま〜。」

「何よ。これ、違うじゃない。
 いつも使っているのは黄緑色のナチュラルミントでしょ。
 こうが買ってきたのは、緑のライトミントでしょ!」


。。。メーカーさん。お願いだから、こんな似た色の
歯磨き粉をラインナップしないで下さい。

参考URL:http://www.kao.co.jp/clearclean/product/index.html

「はい。交換してきて。」


そして別の日。

「こう。会社帰りに、食洗機用洗剤き買ってきてね。」

「わかった。」

今度こそヘマしません。

家で使っている食洗機用洗剤のメーカーを覚え、
同じ商品を買ってきました。

「なにこれ。こう。」

「えっ?
 いつも使っているやつでしょ。」


「これ、買ったけどにおいが嫌だって、前、
 こうに言ったじゃない。
 それ以来、中身だけ、フィニ○シュに詰め替えてるでしょ。」


そんなのわかるか〜!!』心の声。
 ↑決して口にはしない。

「はい。交換してきて。」


プチッ。(フィルムを止める音)


まあ、上記2例のようなケースは氷山の一角で、なかなか
かみさんが満足できる買い物をするのは非常に難しいです。

特に、指定された品物が品切れだった時とかの判断は、
一生かかっても会得できないでしょう。

「なかったから、買わなかった。」と言うと、
「今必要だから頼んだのに。」と言われますし、

「なかったから、違うメーカーの買ってきた。」というと、
「なかったなら買わなければいいのに。」と言われます。

この商品ごとの違いを未だに理解できません。

この買い物という家事も、英語の如く、関われば関わる程、
深い世界が広がっています。

願わくば、商品の選択肢が狭まり、定番商品ばかりの
世界になったとしたら、恐妻家にとってはなんと
ありがたい世界になる事でしょう。

そんな事考えつつ、買い物のプロより、返品のプロとなった
この私は、この辺で筆をおかさせて頂きたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2011/02/11(金) 01:50:27|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

就活をやり直せたら。。。

以前、英語の翻訳業者と仕事をしている話を書きましたが、
その付き合いも半年前に解消し、再び英語と縁のない会社生活を
送っております。

一時期、次に中国語版を作る!、という企画があがったのですが、
無期限延期=やらない、という流れで立ち消えになってしまいました。

そんな環境において耳にした、楽天やユニクロのニュース
などは、その取り組みが良いのか悪いのかを考えるという
よりも、ただ単に羨ましく思ってしまいます。

実は、私の就活時代。第1志望にあげていた会社は、楽天や
ユニクロと似たような社風の会社でした。

その会社とは、ずばり『ソフトバンク』です。

私が就活をしていた頃の当時、ソフトバンクも世間一般に
あまり知られていない会社で、パッと出のベンチャー企業の
1つといった所でした。

私は、そのソフトバンクの実力主義で何でも好きな事をやらせて
もらえそうな社風に惹かれ、第1候補にしていたのですが、
書類選考には通ったものの、一次面接で見事に落とされてしまいました。

# 言い訳すると、面接会場を間違えて遅刻ぎりぎりで会場に飛び込み、
# 心の準備をする間もなく、面接のトップバッターだったのです。

悪評もあって好感度も高くはない会社ですが、その後の躍進は
皆さんの知る通りだと思います。

それゆえ、未だに私は、私がこのソフトバンクに入社していたら、
どのような仕事をしていただろう、と考えてしまうのです。

英語バリバリのビジネスマン、と言いたい所ですが、この私の
性格では、鬱になって離職しているかもしれないですね。

「なんでそんな事考えんの?
 今の生活が不満って事。」


「!!
 。。。いえいえ、そんな事ないですよ。
 今の会社に入って、こうやって、結婚できた事だけでも
 幸せです。」


「ふんっ。
 どうせ、違う会社に入って、
 もっと自分の言う事聞いてくれる人と結婚しておけば良かった、
 って思ってるんでしょ。」


自分で言うな〜!!(心の叫び)

どうも今日は、かみさんのご機嫌は斜めなようです。

まあ、私が別な人生について空想するのも、ソフトバンクとは
全く違った、こんな退屈な会社に入ってしまったからなんですけどね。

。。。でも、こんな会社でも、未だに、私にピッタリの会社だ、
って言われ続けてるんですけど、どういう事なのでしょう?

私が退屈な人って事?
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/10/02(土) 01:36:06|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
前のページ 次のページ