英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

強制・自由

私が贔屓にしているPodcast、EnglishPod 101

なんと講座の講師が、今までのhirokoさんからnatsukoさんに
変わっていました。。

だいぶ前に書いたと思うのですが、このhirokoさんは、
歴代トップ3に入るぐらい私好みの声で、この声を聴きたいが
ために、このPodcastをsubscribeしてようなものです。

これでこのPodcastも私のiPodのリストから消える事に
なりました。。
(Podcastの中身自体は悪くないですよ。←一応フォロー)

ちょっと皆様にお聞きしたいのですが、英語の音声って、
子音がはっきり発音されていたり、強弱がはっきりしていたり、
「かっこいい」「クール」系のイメージを持っていませんか?

私もそんなイメージを持っている一人なのですが、そんな
「かっこいい」系の英語の発音を、「萌え〜(死語)」系な人が
発声すると、なんか、そのギャップに魅かれてしまいます。

そんな人でも、かっこよく聞こえるので、いい意味で言うと、
「自分も、こんな風に英語をしゃべれるようになりたい。」
と、思いが新たになりますし、悪い意味で言うと、
「hirokoたん、、ハァハァ。。」
という感じでしょうか。

そんな萌え声とは無縁の、我がかみさん。

今日も、いつものように、中1の長男への叱り声が
家中(というか家の外にも)響いています。

怒られている内容は、以前は、忘れ物などのうっかり系が
多かったのですが、最近は、勉強を全くしない事ばかり
で怒られています。

本人いわく、まったくやる気が起こらない、体が動かない、
と言い訳しているようですが、多少、私もその気持ちが分かる
だけに、複雑な思いです。

私の英語学習もどうしても、学習したくない日もありますし、
1週間、全くやる気が起こらない週もあります。

私の英語学習は強制ではないので、やる気がでるまで待ち、
やる気が出たら、ちょっと頑張ればよいので、気楽な学習
ライフをすごす事ができます。

ただ、長男の場合は、学校の宿題に塾の宿題、そして部活。

毎日のように繰り返されるその重荷に、夏休みが加わって、
精神的に重くなってしまったのでしょう。

とはいえ、皆それを乗り越えて大人になってきている訳ですから、
長男君にもそれを乗り越えてもらわないといけません。

本人もやらなくてはいけない事は理解しているようなので、
追い詰めることなく、様子を見てあげられれば、と思っています。

う〜ん、そんな長男の態度を見つつ、自分自身、こんなに自由に
英語学習ができる環境にあることに、ちょっと感謝した最近でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/08/31(土) 01:24:22|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<Podcast考 | ホーム | しばしお待ちを。。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する