英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

英語難?女難?

連日午前様でへろへろなのですが、twitterで
いちばん嫌われるつぶやきが、「仕事で疲れた」とか、
「徹夜なう」なのだそうで、そういった事は
ブログに書かないようにします。

代わりといってはなんですが、何故だか分かりませんが、
最近、女性の方と仕事する機会が非常に多いです。

もともと女性の方は少ない業界で、数年間、
女性と話さない事も珍しくないのですが、
最近、立て続けにいろいろな女性の方と
ご一緒する機会が多いです。

仕事の上では、男性、女性、区別はないのですが、
どうしても、男性よりかは若い女性と
一緒に仕事をする方が、ちょっとウキウキして
しまうのは、男の性だと思って、お許しください。

「ふ〜ん。
 まあ、どうでもいいけど、女性と出会う
 機会が増えたのは、きっと、私が働くようになって、
 こうの呪縛が解かれたからじゃない。」


「呪縛って、、なんか呪いをかけてたんすか。。」

「ていうか。
 数年間、女性と話しをしない事も珍しくないって、
 言ってるけど、
 私は女性じゃないんだ?」


「。。。」

久々に書いてみますが、私がブログに書いている
会話は、実録です。。

とまあ、いつもの前振りはこの辺りで、私の仕事の
英語状況でも。

相変わらず、英語が飛び交う仕事場にいるのですが、
ついに英語のドキュメントも書き始めました。

一応、ビジネス文書なので適当に書くわけにもいかず、
ほんと、神経が磨り減るような毎日を送っています。

また、向かっているパソコンのすべての表示を
英語版にしました。

確実に外堀を埋められ続けている、というか、
私自身が外堀に埋められそうになっているような
気がするのですが、自分で望んでいた事だけに、
文句も言えません。

ただ、この英語版のパソコンって、いろいろな
発見があって面白いですね。

今まで、あるソフトで『金庫』っていう項目が
あって、『はい』か『いいえ』で答えなくては
いけなかったのですが、今一、金庫の意味が
よく分かりませんでした。

これを英語版にしてみると『金庫』の所には、
『safe』って書いてあって、『yes』か『no』で
答えるようになっていました。

『safe』の方が分かりやすいですよね。
ようは、それが安全かどうかっていう意味ですよね。

このソフトの翻訳者が、safeという項目に対して、
金庫っていう単語を用いたのだと思いますが、
分かりにくいです。

そんな今まで日本語でよく分からなかった項目が
英語にすると、簡単に理解できる事もあって、
ちょっと自分自身、嫌な感じです。(^^;

英語学習者としては、今理想の環境にいる事は
分かっているのですが、いざ、その環境に
入ってみると、いろいろと思うところがありますね。

この環境も多分今月一杯なので、本当は
素直に受け入れ、成長していかなくては
いけないのですが。。。

ちょっと、この嫌味のような書き込みも、
今月で終わる筈なので、しばらくお付き合い下さい。(^^;


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/07/06(土) 00:06:51|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<元からない自信喪失 | ホーム | お小言>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する