英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

湯上げにて

私の勤めている業界は、残業が多い事で有名なのですが、
私の転職先は未だにのんびりしていて、早帰りする日々が
続いています。

もともと仕事帰りに飲みに行くような習慣もないので、
今のところ、仕事が終われば、まっすぐ家に帰っています。

基本的に、私も早く家に帰れるのはうれしいのですが、
このブログを見ている方々にはお馴染みの、、、

早く帰る
 →子供と一緒にお風呂はいる
  →子供が寝るまで一緒に相手
   →食器の片付け、鍋洗い
    →ゴミ出し準備
     →( ゚Д゚)マズー

遅く帰る
 →子供は寝ているのでゆっくりと夕飯
  →ゆっくりと一人でお風呂
   →たまに、かみさんが食器を片付けたりする
    →ソコソコ( ゚Д゚)ウマー

という事で、私的には遅く帰る方が、精神的には
楽だったりもします。

食器の片付けやゴミ出し準備等は、慣れっこになったので
問題はないのですが、最近、ちょっと辛くなってきたのは
子供とのお風呂です。

狭い我が家。長男・次男・私の3人で入るにはきつい湯船ですし、
湯上げも全く手伝ってくれないので、私はセクシーな全裸
姿をさらしたまま、子供達を着替えさせなくてはいけません。

お風呂ぐらいゆっくり入りたい、というのは、贅沢な
希望なのでしょうか。。。

温厚な私も、先日これで、ちょっとだけムッとしてしまいました。

いつもの通り、次男を湯上げした時の事です。
私が置いておいたはずの次男の下着の上が見つからないのです。

私は子供が湯冷めしないよう、全裸のまま、あわてて周りを
探したのですが、その間じゅうずっと、かみさんはテレビに
夢中状態で、こちらに一切関知しないのです。

この時、私は悟りました。


妻が、家の中で働かない旦那をみて、
離婚を決意する瞬間の気持ちを。。。


「だってさ。
 せっかくパパが家にいるんだから、
 甘えちゃうじゃん。(はぁと)」


ふ〜ん、、、そうなんですか。

私には、甘えているというより、囚人をこきつかう看守の態度に
思えますけど。。。

う〜ん、、、このブログの趣旨からも、一石二鳥の解決手段としては
会社帰りに英会話スクールに通う、というのが、一番良いけれど、
絶対にかみさんの許可は下りないでしょう。
(お金もないですし。。。)

とりあえず、もう少し次男が大きくなるまで頑張ってみます。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/03/09(土) 00:26:40|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2