英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

代打ち

え〜、初めまして皆様。

本日は、このブログのオーナーであるこう氏が多忙のため、
結婚生活評論家のこの私が代わって、ブログ記事を提供させて
頂きたいと存じます。

このブログにおいて、このような代打ブログは久々との事で、
多少、緊張もしておりますが、普段の下らないブログとは違い、
皆様にとって有益な情報をご提供できればと考えておりますので、
最後までお付き合い頂ければ幸いにございます。

さて、私は結婚生活評論家という職業をしておりますが、
世間一般的に言われております通り、結婚というものは、
それまで別々の家庭で育ってきた二人が、その日から一緒に
生活を共にする行為であり、その生活には様々な障害が
待ち構えているものです。

その様々な障害の中で、一番最初に直面するものといえば、
いわば、生活に対する考え方・価値観の相違です。

結婚というイベントに達するまで、価値観の違う二つの家庭で
育ってきた二人。

 私の家ではこうやってきた。僕の家ではこれが普通だ。

最初のうちは、愛情でのりきれるものなのかもしれませんが、
愛情が覚めてくる頃には、この価値観の相違に直面し、
この危機を乗り越える為、お互いに少しづつ我慢し、折衝し、
新しい家庭生活のルールを作っていくものです。

中には、折衝という行為が存在せず、片方の意見のみが無条件で
採用されるという独裁国家のような家庭も存在するようですが、
ここでは対象外と致します。

そんななか、本日、ここでフォーカスさせて頂きたい家庭生活の
ルールは、

『家族間での物理的な共有』

です。

皆様のご家庭でも、家族間で共有しているもの、 個別に保有して
いるものがあるかと思います。

例えを出してみると、工具セット等の複数あっても意味がないものは、
家族で共有しているでしょうし、 箸などの同時に多人数で使う
ものは個別に 保有しているでしょう。

共有・個別保有の判断が難しいものとしては、 例えば、パソコン、
テレビなどがあげられるでしょうか。

世の中が豊かになり、核家族化が進んだ現代において、1人に1台の
パソコンやテレビが与えられている事は珍しくないですが、昔は
これらも家族で共有するのが当たり前でした。

このような共有・個別保有の判断が経済的な観点からなされる物は
良いのですが、難しいのはこの判断がお互いの育ってきた環境に
よる場合です。

テレビを例にとってみると、家庭内に1台テレビのみを置き、
家族全員でテレビ番組を共有して楽しんできた人と、 自分のみたい
番組を自分のテレビで楽しんできた人が結婚した場合、 テレビを
共有物とすべきかどうかは、意見が分かれる所でしょう。

家族で一緒にテレビを見て、感想を共有したい旦那。
一人でゆっくりとテレビをみたいかみさん。

その溝はなかなか埋まらないかもしれません。

また、もっと安いものに目を移すと、お父さんにとっては家族の
共有物と考えられるタオル等も、思春期のお嬢さんがいる家庭では、

「お父さんの使うタオルなんで使いたくない!」

と、1つのタオルかけに複数のタオルが掛けられる事になるでしょう。

はたまた、自分が常識的に個人保有と捉えている物も、それが
本当に世間の常識かは、分からないかもしれません。

筒井康隆の小説「家族八景」には、1つの歯ブラシを家族全員で
共有する家庭が出てきます。

常識的に考えれば、ありえない家庭だとは思いますが、 この
家庭にはこれが常識であり、それを論理的に否定するのは
難しいかもしれません。

また、共有・個別保有の考え方には、育ってきた家庭環境からの
影響とともに、金銭的な価値観にも影響を受けます。

個別保有には、当然その分、お金がかかる訳で、個別保有する物に
対する金銭的価値観も合わせる 必要性がでてくる訳です。

「もったいない。」「いや、もったいなくない。」

そんな争いで、共有にするか、個別保有にするか揉めるケースも
山のようにある事でしょう。

ほかにも、兄弟間で自分の所有権を主張するケースなども
あるのですが、長くなりそうなので、この辺りでやめておきます。

以上の見解を踏まえ、本日の本題に入らせて頂きたいと 思います。

あるところに、とある男性、こう(仮称)がいました。

こう(仮称)は、とある非常に乾燥した日、自分の唇がひび割れて
いるのに気づきました。

普段は特に気にしないこう(仮称)ですが、その日のひび割れは
非常にひどく、唇がヒリヒリと痛みます。

そんなこう(仮称)が洗面台で自分の唇を確認していた時、
目の前に薬用のリップクリームが置いてある事に 気づきました。

こう(仮称)は、これは家族の共有物だ!、と判断し、
そのリップクリームを自分の唇に使いました。

とはいえ、こう(仮称)は多少、後ろめたかったらしく、
誰にもその事を言いませんでした。

しかしその夜、彼の行為は彼の妻の知る所となってしまいました。。

彼女は激怒し、 もう二度とこのリップクリームは使えない!!、
と言い放ち、 夜中の12時にこう(仮称)をすぐさま、新しい
リップクリームだけを買わせに家から放り出したのです!!

深夜24時にですよ!、24時!!

それもリップクリームだけ!

。。。おっと、自分の事ではないのに、興奮してしまいました。。
大変失礼致しました。

この事例はここまでですが、この事から、如何に家庭生活において、
共有物に対する コンセンサスが重要かが、ご理解頂けたのでは
ないでしょうか。

最後になりましたが、この貴重な情報提供から導かれた結論を、
皆様に申し伝えさせて頂きます。


 勝手にリップクリーム使うとばれるよ。
 使った所はきちんと削って、証拠隠滅しておこうね。


以上、ご精読、ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/03/30(土) 00:37:28|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

一人で海外出張に向けて

先週書いたニューオリンズへの海外出張の件ですが、
早速、お流れになりそうです。

というか、この話が挙がってきたのも、ニューオリンズで
何かイベントがありそうだから行ってきたら?、という
軽いノリでの提案だったらしく、実際、そのイベントは
中止になっているようです。

というか、この会社(うちの部だけか?)の海外出張の
ポリシーってよく分かりません。

とりあえず、海外で面白そうなイベントがあったら、
自由に会社のお金で行って良いらしく、早くも他の
イベントを見つけて行って良いとの言葉を頂きました。
(ヨーロッパでもアジアでもいいよ、って言っていたのですが
 何しに行くのでしょうか)

しかも、普通、出張から帰ってきたら出張報告書とかが
必要だと思いますが、それもなくても良いとの事。

なんか自由に海外に行けて有難いと思う反面、
一人で手配からなにやらしなくてはいけないと
思うと、尻込みする面もあって、少し複雑な心境です。

実は、私が海外に出かけたのって、必ず複数の人数で
出かけていて、一人で海外に出かけた事はないのです。
(それは普通か。。)

しかも、パッケージツアーではありません。
私が一人で海外に出かけ、入国審査やらホテルの予約やら
一人でこなす事はできるのでしょうか。。

いや〜、、完璧にこなす必要はないと理解しつつも、
結構、不安です。

この不安を吹き飛ばすには、頑張って英語学習するしか
ないですね。

とりあえず、照準は10月のラスベガスです!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/03/25(月) 23:12:53|
  2. その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

時間がほしい。。。

祝!!

どうやら今勤めている新しい会社で、海外に行ける事になりそうです。

場所はというと、

、、、今ホットなアメリカ、ニューオリンズです!!

といってもまだ先の話ですし、正式決定したわけでもないのですが、
早速、英語学習を再開しなくてはいけません。

英語ペラペラとはいかなくても、前回の海外出張時のように、
入国審査で全く言っている事が聞き取れないような事は避けたい
ものです。


「ねぇ。」

「何?」

「ニューオリンズって
 海の下に沈んだんじゃなかったっけ。」


「。。。」

そんなムー大陸のようにニューオリンズの事を言わないで下さい。。。

確かに過去に、ハリケーンのカトリーナが直撃し、かなりの水害を
受けたようですが、さすがに今では大丈夫ですよね。たぶん。。。

まあ、そんな先の事を心配をせず、今は頑張って英語学習に励まないと
いけないですよね。

それにしても、今の会社は、周りにすごい人が多すぎです。

知識的に業界をリードしている人たちが大勢いて、
技術系の本を執筆している人も少なくありません。

いつかは、その人たちに追いつける様、私も頑張らないと
いけないです。

そして、私もいつかは、本の執筆を、、、なんて思っているのですが、
会社勤めしながら、本の執筆なんでできるんですかねぇ。

一応、直属の上司に聞いてみました。

「うちの会社って、本書いている人いっぱいいますよね。」

「うん。そうだね。」

「あれは業務外で書いているんでしょうか。
 それだったらすごいですね。」


「う〜ん、、、表向きはそうだけど、業務時間中にも
 結構書いてるんじゃない。」


「そうですよね。
 そうしないと厳しいですよね。」


「うん。
 少なくとも、ぼくが本書いた時は、そうしてた。」



あんたも本書いてたんかい〜!!!!



いや〜、私の上司も本を出版していたとは、この時まで
知りませんでした。

なんか、こういう隠れた優秀な人がいっぱいいて、この会社
気持ち悪いです。

でも、この会社、優秀な人が結構いるわりには、給料がそんなに
良くない理由がわかったような気がします。

そりゃ、副業の印税がたくさん入ってくれば、本業は安くても
大丈夫ですよね。。。

いつかは私も本を書けるようにならないと、経済的にも苦しいです。
(それともこのブログを書籍化しましょうか。。。(^^;)

それにしても、英語学習と技術学習、時間がいくらあっても
足りないですね。

早速、ブログを切り上げて学習する事にしましょう!


「ねぇ〜こう!!
 食べたお皿、食洗機に入れてないじゃない!!
 早く片付けてよね。
 後、そろそろ、子供を寝かしつけてね。
 いい、そのまま寝ないでよ。
 新聞、束ねるのが残ってるからね!!」


「・・・」


神よ、何故、私にはこのような試練をお与えになったのでしょう。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/03/15(金) 18:22:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

湯上げにて

私の勤めている業界は、残業が多い事で有名なのですが、
私の転職先は未だにのんびりしていて、早帰りする日々が
続いています。

もともと仕事帰りに飲みに行くような習慣もないので、
今のところ、仕事が終われば、まっすぐ家に帰っています。

基本的に、私も早く家に帰れるのはうれしいのですが、
このブログを見ている方々にはお馴染みの、、、

早く帰る
 →子供と一緒にお風呂はいる
  →子供が寝るまで一緒に相手
   →食器の片付け、鍋洗い
    →ゴミ出し準備
     →( ゚Д゚)マズー

遅く帰る
 →子供は寝ているのでゆっくりと夕飯
  →ゆっくりと一人でお風呂
   →たまに、かみさんが食器を片付けたりする
    →ソコソコ( ゚Д゚)ウマー

という事で、私的には遅く帰る方が、精神的には
楽だったりもします。

食器の片付けやゴミ出し準備等は、慣れっこになったので
問題はないのですが、最近、ちょっと辛くなってきたのは
子供とのお風呂です。

狭い我が家。長男・次男・私の3人で入るにはきつい湯船ですし、
湯上げも全く手伝ってくれないので、私はセクシーな全裸
姿をさらしたまま、子供達を着替えさせなくてはいけません。

お風呂ぐらいゆっくり入りたい、というのは、贅沢な
希望なのでしょうか。。。

温厚な私も、先日これで、ちょっとだけムッとしてしまいました。

いつもの通り、次男を湯上げした時の事です。
私が置いておいたはずの次男の下着の上が見つからないのです。

私は子供が湯冷めしないよう、全裸のまま、あわてて周りを
探したのですが、その間じゅうずっと、かみさんはテレビに
夢中状態で、こちらに一切関知しないのです。

この時、私は悟りました。


妻が、家の中で働かない旦那をみて、
離婚を決意する瞬間の気持ちを。。。


「だってさ。
 せっかくパパが家にいるんだから、
 甘えちゃうじゃん。(はぁと)」


ふ〜ん、、、そうなんですか。

私には、甘えているというより、囚人をこきつかう看守の態度に
思えますけど。。。

う〜ん、、、このブログの趣旨からも、一石二鳥の解決手段としては
会社帰りに英会話スクールに通う、というのが、一番良いけれど、
絶対にかみさんの許可は下りないでしょう。
(お金もないですし。。。)

とりあえず、もう少し次男が大きくなるまで頑張ってみます。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/03/09(土) 00:26:40|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

これこそ英語学習の成果!

先週末、いまさらながら家族サービスでスキーに出かけてきました。

英語ブログの名前をつけていながら、またもや英語に関係のない
内容か、、、と残念に思われた方、不正解です。

実はなんと、スキー場で、『英語を聴くand話す』機会が
やってきたのです!!

それでは再現ドラマどうぞ。



それは長男と二人でリスト待ちの列に並んでいた時の事でした。

トントン。

誰か私の肩を叩きました。

何事かと思って振り返ってみると、如何にもソーセージでも
作っていそうなひげを生やしたドイツ人っぽい人が、
何か言いたそうにしています。

私が不思議そうな顔をすると、彼は私にこう言いました。

「xxxx xxx yyyy zzzz...」

しかし残念ながら、TOEIC800点の生粋日本男子は、
その言葉を聞き取る事はできませんでした。

発した言葉が通じなかった事を私の表情から読み取った
ビールでも作っていそうなドイツ人は、(主語が長い、、)
もう一度、ゆっくり言葉を繰り返しました。

「xxxx open yyy xxxx....」

今度は、ようやくopenという単語が聞き取れました。

そして彼は、ストックで私のスキーシューズを指したのです。

そうです、私のスキーシューズの留め金が一つ
外れていたのです。

「Oh!! Thank you!!」

TOEIC800点越えの私が、流暢にそう話すと、ドイツ人は
満足そうに、にっこりと笑みをうかべました。

ここに国境を越えた、異文化交流が生まれたのです!!

と、まぁ、ようは外人に、スキーシューズの留め金が
外れていたのを指摘されただけなのですが、特筆すべきは、
私が聞き取れた単語が、openだけだったという事です。

確かにしばらく本格的な英語学習から遠ざかって
いたとはいえ、ちょっとショックなでき事でした。

えぇ〜、TOEIC800点なんてこんなもんですよ。←しつこい。

まぁ、ドイツの方だったから英語の発音がドイツ訛りだった
という事にしておきましょう。

でも、その後、ひそかにヒルキさんのTOEIC対策CDを聴きなおしたのは
内緒という事で。。。(なんとなく名前もドイツっぽいし。。。)


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/03/02(土) 01:30:56|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0