英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

TOEIC学習再開

そろそろ創作スキットコント大会のネタを考えなくては
いけないのですが、未だに全くアイデアがうかんでいません。

去年は、書きたい会話が次々と頭の中に湧き上がってきて、
最終的に取捨選択をしなければならない程だったのですが、
今年はそんな心配をしなくてすみそうです。

そもそも、前にも書きましたが、今回の登場人物達は、
魅力が少なくてシナリオが書きにくいです。。。

・・・と、そんなNHKの企画にのせられている場合でありません!

前回の記事のコメントを見てもらえればわかりますが、
私のTOEICの成績にも、お尻に火がつき始め、真面目に
TOEICの学習を再開しなくてはなりません。

TOEIC受験の為には、

 『かみさんとのTOEIC受験日調整』

という、気の重い作業があるのですが、とりあえず先延ばしに
しておいて、先ずは860点とれる目処をたてなくてはいけません。

そんな訳で、以前紹介したこの本の学習をこつこつと再開しています。

新TOEICテスト900点獲得のルール20

この本では、

 『900点を目指すためには、Part1とPart2で問題を落とすな。』

と書いてあるのですが、Part2のサンプル問題で早くも躓きました。

それは、こんな問題です。

What are your new work hours?

 (A). I'll earn eight dollars an hour.
 (B). It's from 9 to 4.
 (C). They're 10 to 5.

先ず、問題の発音はイギリス英語らしいのですが、問い掛けの
文章が何度聞いても聞き取れません。

What are your new までは何とか分かるのですが、
work hours の発音でkが欠落し、私にはワーハウスにしか
聞こえません。

「ワーハウスって何だ?」

って思っているうちに終わりです。

というか、何度聞いても work hours に聞こえないのだから、
手のうちようがありません。ちょっと闘耳でやりなおす必要が
あるのでしょうか。

また、この問題。Whatで聞かれているのに、数字が並ぶ所も
感触が悪いです。

選択肢に数字が並ぶ場合は、WhenとかHowとかが疑問文の先頭に
きた場合が多いと思うのですが、それから外れているのも
難易度を高くしていると思います。

私はとりあえず、問いかけ文の文章だけを先にみて、何を
言っているか理解し、再度問題を聞いたのですが、今度は
(B)を選択してしまいました。

こうして文字にしてみれば一目瞭然ですが、まだ私も、
単数・複数を意識しながら解答できるレベルには達して
いないようです。

Part2で問題を落とせないそうなのですが、まだまだ到底
無理ですね。

というか、Listeningパートの点数をこれ以上伸ばす学習方法が、
ちょっと私の中で確立されていないです。

Readingに関しては、語彙力を高める事で何とか対処できそう
なのですが、Listeningに対しては今の私の場合、
「迷った時には複数系。」とか、
「BよりCの方が正解の可能性高い。」とか、
「長短除外方」とか
の邪道方式に走ってしまいそうで恐いです。

先ずはReadningかな。。。かけた時間だけの見返りが確実に
ありそうなので、こちらを先に学習します。

今度こそ、今度こそ、次のTOEIC受験で、自己記録の更新を
図ります!

というよりも、自己記録を更新できなかったら、今度こそ本当に
今後のTOEIC受験の許可が下りなくなってしまいそうです。
# う〜ん、、、TOEIC受験の許可が必要な家庭って何なんだろう。。。

ただ、こういった環境をプラスに考え頑張っていくので、
しばらくはTOEIC学習のアップが多くなりそうですが、
今後ともよろしくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/08/28(土) 22:57:10|
  2. TOEIC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

やればできる考

ようやく、検索エンジンにひっかからなくなる設定が効いたようで、
どんな検索ワードをうっても、このブログが検索結果に現れる事が
なくなりました。

それに従い、もともとつたない数だった、このブログの訪問者数も
ガクッと急落し、1日の訪問者は、AKB48のメンバー数よりも
少なくなってしまいました。

そんな訳で、この文章を見て頂けている人は、お気に入りに入れて
頂いている方か、英語関連のページから飛んできて頂いた方々で
あり、感謝のしようがありません。

これで、家の中で話題になっている事を書いたとしても、
かみさんにみつかる心配をする必要もありませんし、
プライベートな情報も気兼ねなく書く事ができそうです。
# 今までは、ビーゴのレビュー記事をかみさんが検索するのでは
# ないかと、びくびくしてました。

この一環として、今までずっと悩んできたのですが、私が
2003年から2007年まで書いていた日記のアドレスを、このブログで
紹介しちゃいたいと思います。

・内向的恐妻家の日記
http://www.enpitu.ne.jp/usr1/15376/

公開を悩んでいた理由は、上の日記を書いていた時の自分と、
このブログを書いている自分が違いすぎて、かなり気恥ずかしく、
また、いろいろと顰蹙をかったり、幻滅されそうな事も書いて
いたりするからです。

ですが、どちらかというとこの日記を書いている私の方が
素に近いような気がするので、もしお暇な方がいらっしゃられたら、
自己責任でどうぞ、という事で。(^^;

# 但し、初期の頃は下ネタが多かったり、読んでいる方が
# 恥ずかしくなるような、とても人様にお見せできないような
# 文章が並んでいるので、閲覧注意という事で。(^^;
# (若気の至りという事で。。。)

# ただ、タイトルに恐妻家とうたっているだけあって、
# かみさん(日記では『つれ』)の恐妻ぶりをもっとみたい方には
# お勧めです。このブログ以上の恐妻ぶりです。

# 後は、サンフランシスコに出張していた時の日記(2004/10〜11)とか、
# TOEIC初受験日の日記なんかもあります。

と、前置きはここまでで(長いっ!)、最近、私が良く聞く
言葉について、今日は考察してみたいと思います。

その言葉は、『やればできる』という言葉です。

皆さんの周りでは、この言葉、使われていますか?

この言葉は子供を教育する時に便利な言葉らしく、私の周りには、
『やればできる子』、という言葉をかけられて育った人が多い
ようで、この言葉の便利さがうかがえます。

我が家でも、勉強してない子供に対して、

「あなたは、やればできる子なんだから、頑張りなさい。」

と、かみさんが声をかけています。

でも、この言葉って、当たり前の事を言っているだけ、
なんじゃないでしょうか。

私はとてつもなく無理な事じゃなければ、どんな事でも
やればできると思っています。

だって、『やれば』という条件を満たすっていう事は、
もうすでに行動を起こしている、っていう事ですよね。

物事は行動を行うまでが一番大変で、一旦、その物事を行い
始めれば、大抵の事は成し遂げられるものなのです。

ですから、やればできる、という言葉は、行動さえすれば、
成し遂げられる、という意味で、当然の事を述べているだけだと、
私は思っています。

ですから、私が860点を超えるのも、『やればできる』のです。

それができていないのは、やっていないからです。

つまり、本気で860点を超える為の学習をやっていないのです。

ですが、この本気の学習。なかなか始めるまでが長く難しいですね。

ついつい言い訳を探してしまいます。
# 無理しない程度に学習できてるからいいや、とか。。。

そんな言い訳に負けずに、私もやればできる子なんで、
本気の学習を近いうちに始めたいですね。

ただ、、、

1.やればできる。
3.やらなくてもできる。
2.やってもできない。
4.やらなけれはできない。

はい。英語の学習は好きですが、本当は、はい、、、
2番なら楽なのにな。。。

----
↓久々につけてみました。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/08/21(土) 13:43:36|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

本棚公開

世間一般は、お盆の期間だとは思いますが、私の会社には
お盆休みという制度がなく、いつも通りに会社に通っています。

本日は、久々に写真を載せてみたくなったので、いくつか
写真を撮ってブログに載せてみます。

以前、本棚に並んでいる本でその人の教養が分かる、という
記事を読んだ事があるような気がするのですが、今日は、
私の英語学習本が並んでいる本棚を紹介し、皆さんに私の
教養を判断して頂きましょう。

まずは1枚目。

本棚というより、カラーボックスなのですが。。。



ちょっと並べ方がきたないですね。。。

前の本で隠れている所にはNHKのテキストが入っています。

カバーがかかっている本は、ヒルキさんのTOEIC対策本です。

後は、このブログでもレビューした本がちらほら。。。

また、かみさんが嫁入り道具としてもってきた本もいくつか
混ざっています。

そして、この棚の下の棚を紹介します。



右側のオレンジの箱には、かみさんと学習した英語教材
一式が入っています。

もう何年も中身を見た事がないので、コビトさんが住み着いて
いるかもしれません。

その下にCNN English Expressの捨てられない号が置いてあり、
その下の家庭の医学は、私の棚に侵略してきました。

一度、このブログで、学習本が多すぎるとかみさんに怒られた
ネタを書いた事があったかと思いますが、減らして、これぐらいの
量になっています。
# 実は、様々な箇所にこっそり他の学習本も置いてあるんですけどね。

んっ。こっそり?

なんか一枚目の写真に、あってはいけない本が写っていたような。。。

再度、アップしてみましょう。。。



あれれ。。。前々回のブログで購入できなかった、と、
報告した本があるじゃないですか。。。

。。。

言えない。。。つい昨日、別な本屋で見つけて、購入して
しまったなんて。。。

レビューは、、、思っていたよりも中身が赤裸々すぎて、
ちょっとできなさそうです。。。(/。\)テレッ

なんか、教養を計る以前の問題ですね。。。


# 気になる本があれば、レビュー致します。


----
↓久々につけてみました。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/08/12(木) 01:13:09|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

乱高下(『らんこうか』って読むと35年間思ってました。。。)

先週から今週にかけて、様々な出来事が次々と起こり、
実にダイナミックな2週間でした。

まず、一緒のプロジェクトで働いていた人たちの会社が
突然倒産し、その方々達は一瞬にして無職へと転落したのです。

無職の人とは仕事ができないという事で、次の日から
その方々は業務につく事ができず、色々とおんぶにだっこ
状態だった私達は、パニック状態に陥りました。

一寸先は闇というかなんというか、一応、その方々は、
倒産した会社の人から再就職先を斡旋してもらっている
ようなので、多少ほっとしましたが、彼ら(彼女ら)に
降りかかった災難が、もし自分にも起こったとしたら、、、
と、考えざるを得ません。

私がそのような境遇になったとしたら、、武器に
なりそうなものは、やはり英語でしょうか。

現在のTOEIC800点では、とっても微妙な感じなので、
Aクラスの860点は是非とも突破しておかなくては
いけません。

状況としては良くありませんが、再び英語学習に対する
気合いが湧き上がりました。

と、次に、話はまるっきり変わって、そんな忙しかった中、
週末に北海道へ家族旅行してきました。

このブログに書けそうな、英語ネタを拾ってこようと
思っていたのですが、聞こえてくるのは、

中国語、

韓国語、

関西弁、

ばかりでした。
(一つ言語ではないものが混じっているようですが。。。)

夏の北海道はほんとにアジア圏の方々が多く、小さな
レストランのメニューでさえ、ハングル文字の注釈が
入っており、その観光客の多さを物語っているようでした。

ディズニーランドに行っても、明らかに昔より、
アジア人の比率は増えているし、もしかしたら、
英語より、韓国語や中国語の時代なのかな、、、
なんて事を思ってしまいました。
# モチベーション多少低下。。。

さらに話しは変わって、会社に復帰して通勤電車に
揺られている際、雑誌の宣伝で、石田・東尾ペアが
ナパバレーで、結婚式を挙げた事を知りました。

私はこの広告を見て、私がナパバレーにて経験した
辛い思い出を思い出しました。

もう何度もこのブログに書いている、私が本格的に
英語学習を決意したサンフランシスコへの出張で、
実は、休日に後輩とナパバレーに出かけた事がある
のです。

そこで、ワイン工場の見学ツアーに参加したのですが、
当然、ガイドはすべて英語。

大勢の参加者の中で、ガイドさんの言っている事が
全く分かっていないのは私だけで、ものすごく辛いと
いうか惨めな思いをしたのを思い出しました。

今度こそ、全部理解してやる!!

そんな思いが湧き上がり、さらに英語学習の
モチベーションがアップしたのです。

そんな乱高下する私の英語学習のモチベーションですが、
株価じゃないんですから、もうちょっと安定して
もらいたいものですね。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/08/07(土) 00:46:49|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2