英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

代打ブログ

どうも、初めまして!

大西こう斗です。

本日は、このブログの著者であり私の友人であるこうさんが
あまりにも忙しいとの事で、本日は代打として私のレクチャーを
お届けしようと思います。

題して、

『恐妻家に学ぶ!ハートで感じる英語学習!!』

えっ。なんかつまんなさそうだって。

そんな事言わずに、今日は一日僕とつきあってみて下さい。

きっと恐妻家のイメージが変わると思いますよ。

なんとなく、企画倒れの予感もしますが、早速講義に入って
いきましょう!

皆さんは、恐妻家と聞いてどんな姿を想像しますか。

草食系男子が流行っている現在。かみさんにいつもペコペコして
いるようなうだつの上がらない男性を思い浮かべるかと思います。

ははっ。こんなイメージははっきり言って義務教育の弊害です。

今日でそのイメージを捨ててしまいましょう。

恐妻家というものは、そんなステレオタイプで語れるものではなく、
もっと雄大で奥深いものなのです。

きっと皆さんは、この講座が終わる頃にはその奥深さに感動し、
魅入られてしまう事でしょう。

えっ。難しそうだって。大丈夫。大丈夫。
恐妻家も初めはタダの人間だったんだし。
一緒に頑張ろうね。

それではここで、ネイティブ恐妻家のこうさんを例にあげて
みましょう。

こうさんの英語学習時間は、いつも電車通勤の時間帯ですが、
これを家で英語学習するとかみさんに怒られるからだと、
考えていませんか。

その考えでは、しばられた常識の世界から抜ける事はできません。

心の目で恐妻家の心情をのぞいてみましょう。

はい。見えてきましたか。

そうです。彼は、家で学習できないから電車で学習して
いるのではなく、単に無駄な時間である通勤の時間を有効に
使っているだけなのです。

様々な制約がある場合でも、その制約を嘆いたりせずに
前向きに考える力。

世の中の凝り固まったイメージの世界では、恐妻家の持つ、
そんな力に気付く事はないでしょう。
えっ?ちょっと強引だって。ハハッ。そんな事はありません。

ああ、もうお時間が来てしまいました。

今日は、講義のさわりだけとなってしまいましたが、皆さん
如何でしたか。

恐妻家の持つ、奥深いイメージの一端がつかめたのでは
ないかと思います。

最後に裏話を言うと、このブログの似て無ささに一旦は
ボツとしたのですが、もったいなくてこうして披露する事に
したのです。

なので、友人でもあるこう氏をいじめないで下さいね。

それでは、またいつか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/02/28(日) 23:19:42|
  2. その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

単語帳

以前、私のTOEICの点数が伸びない事の原因として、

 単語力の弱さ

が、あげられるのではないか、と書いた事がありました。

私自身、その弱点を克服するために何もしなかった訳ではなく、
何度も単語帳を作って単語力を高めようとした事があるのです。

いつでもどこでも、さっと単語帳を取り出して、英語を学習する
姿はかっこいいですよね。

学習する時間の少ない恐妻英語学習者にとって、単語帳というものは
まさに学習の王道アイテムでしょう。

が。

そんな単語帳での学習に何度も失敗している恐妻家が、
ここにおります。

本日は、私がこれまでに試してきた単語帳を使った学習法を
紹介するとともに、何故、その学習法がダメだったのかを
考察してみたいと思います。

1.リング式単語帳


100円ショップでリング式の単語帳を購入し、重要そうな単語や
気づいた単語をメモする学習法を行った事があります。

このリング式の単語帳って受験生ぽくっていいですよね。

私も、購入当時はバリバリ単語を書いていく予定だったのですが、
結局、10単語程度で挫折しました。

というのも、いつでもこの単語帳を持ち歩けるのはいいのですが、
ふと単語を書き込もうとした時に、筆記用具がなくては
いけないではないですか。

携帯性が売りな単語帳なのに、筆記用具も持ち歩かないと
使い物にならないなんて、聞いてないですよ。うんうん。

2.手帳式単語帳


というわけで、手帳式の単語帳(というかただの無地の手帳)を、
これも100円ショップで購入しました。

これは良かったですよ。

手帳と紐で結ばれた短い鉛筆もきちんとついていました。

リング式に比べれば多少携帯性は落ちますが、手帳サイズなので
ほとんど気になりません。

さっそく、バリバリ単語を書いていく予定だったのですが、
やはり10単語程度で挫折しました。

なにせ、1ページに書ける単語の数が非常に多く、10単語を
書き留めても、まだ1ページの半分近くまでしか行っていません。

なんか手帳のページは200ページあるみたいなので、そのほとんどの
ページが真っ白です。

これって、すごくもったいないじゃないですか。

そんなに多く単語を書き込める訳もなく、紙資源の無駄になる
なんて聞いていないですよ。うんうん。

3.携帯電話のメモ機能

というわけで、これならエコで紙資源を全く使いません。

いつも身につけているものですから、携帯性も抜群です。

バリバリ単語を書いていく予定だったのですが、
やはり(以下同文)

皆さんも試してもらいたいのですが、携帯電話でアルファベットを
打つのって、日本語を打つよりも数倍面倒ですよね。

押すボタンに迷ったり、1つ行き過ぎた時に、大文字を経由してから
じゃないと元の文字に戻れなかったりと、ストレスがたまるなんて
聞いていない(こっちも以下同文)

4.脳みそ


という訳で最終的にたどり着いたのが、脳内にある単語帳です。

携帯性も最高ですし、書き留める道具もいりませんし、使い心地は
最高です!

ですがこんな良い事ずくめの単語帳にも致命的な欠陥が1つ。。。

それは書き留めた筈の単語がいつのまにか、どんどんと消えて
いっているんですよね。

自分では消した記憶もないのですが、おかしいなぁ。。。

欠陥品なのだろうか。。。


とまあ、考察はこの程度にして、最後に真面目に今の私の
単語学習方を書かせてもらうと、本当に脳みそに書き込む方法を
使っています。

私のめんどくさがりな性格により単語帳を作るのが苦手という事が
過去の経験上わかりましたので、何度も脳みそにすり込む方式に
変えました。

皆さんも、

 こんなだらけきった単語学習方でも、
 TOEIC800点まではいけるんだ、

と安心せずに、単語の学習、是非、頑張って下さいね。(^^;

----
↓いつもありがとうございます!(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/02/11(木) 01:11:52|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

喃語再び

以前もブログに取り上げた事のある次男坊の喃語ですが、
1歳4ヶ月になった現在、毎日毎日、それはそれは様々な
喃語をしゃべりまくっています。

そのあまりのバリエーションの多さに、言語学者を目指す私(嘘)と
しては、その解析にチャレンジせざるを得ません。

まず驚くのが子音にしろ、母音にしろ、その発声の種類の
多さですね。

どこから出しているんだ、というような甲高い声を出したり、
うって変わって渋めの声を出したり、早口でラップのような
発声をしてみたかと思えば、ゆっくり発声してみたり、と
研究対象として興味がつきません。

喃語をしゃべる期間は、声帯を色々と動かして発生する為の
トレーニングをしていると聞きましたが、本当に様々な
発音記号でしゃべってますね。

日本人が苦手としている子音の連続発声なんかも余裕で
こなしていますし、発声能力なら、完全に私よりも上でしょう。

こんな素晴らしい発声をもった喃語なのですが、惜しむらくは、
言語にとって一番大切な言葉の意味が全く分からないんですよね。。。

さすがに喃語研究1年の実績を持つ私でも、未だに何を
言いたいのか、全く分かりません。

喃語の翻訳機があれば、ノーベル賞間違いなしなんですけどね。。。

と、本日の落ちとして、

バウリンガル


ならぬ

バブリンガル


というネタを用意したのですが、念のため『バブリンガル』で
検索したら出るわ出るわ。。。

皆さん、同じ事考えているんですね。。。

このぶんだと商標登録もされている事でしょう。ちっ。

。。。

という訳で落ちなく終わります。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/02/04(木) 01:40:55|
  2. 日常(非英語)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0