英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

第151回TOEIC受験報告

本日、TOEICを無事、受験してきました。

一緒に受験された皆様、、、お疲れ様でした。

受験されていない皆様、、、ご声援ありがとうございました。

声援なんてしてないよ!、という声をスルーしつつ、テストの
感想を書いてみたいと思います。

やはり、受験された皆様が書いているように、難しかったですね。

前回、前々回の受験においては、勘に頼らなくてはいけない問題
なんて、ほとんどなかったのですが、今回は数題発生しました。

特にPart2で、

『えっ。今の英語?
 スペイン語が誤って流れたんじゃない?』

なんて思う程、訛りが酷い or スピードが速い問題が数題あって、
Part2をなめていた私にはダメージが深かったです。

後、Part3とPart4に関しては、集中して先読みができませんでした。

最高点を出した前々回の時は、問題に対して恐ろしい程に集中し、
一切の雑念もなく先読みできていたのですが、今回は、

『ああ、まだ後、10問もあるよ。。。』

とか、

『今日の問題は難しいな。
 ブログで、どうやって書こう。』

とか、余計な事を考えてしまい、問題に集中できませんでした。

何だか、TOEICの問題に対して変に慣れてしまい、裏側をよんだり、
別な事を考える余裕が出てきたり、純粋に問題に入り込む事が
出来なくなってしまったように思います。

実力があって余裕が出てくればいいのですが、実力もないのに、
こういった余裕が出てきてしまうと、出来は悪くなるにきまって
ますよね。

リスニング終了後、本気でお寺で座禅を組んだ方がいいのではないか、
なんて考えてしまいました。。。

リーディングに関しても、Part5は難しかったですね。

今回、受験するにあたって一つ決めていた事は、問題に素直に
答えようという事で、答えが出た後、ひっかけ問題を恐れて
もう一度考え直す事を止めるようにしました。

Part5も難しくて、素直に考えるとこの選択肢なんだけど、
似たような選択肢が多く、考え直したい場面がたくさんありました。

ですが、Part5でそのような事をしていると時間がなくなるので、
頑張っていつもペースで進めたのですが、Part7が終わった時間は、
やはり、終了時刻2分前でした。

一応、Part7に関しては皆さん難しいと書かれていますが、私には
そんなに難しくは思いませんでした。

ヒルキ本の模擬問題のPart7の異様な難しさと比べれば、全然、
たいした事ありません。

という訳で、全体を通すと、やはり『難しい』の一言に
なるのではないでしょうか。

予想スコアは、780点ぐらいなのですが、皆様も難しいと言われて
いるので、相対評価で800点ぐらいにはなるのかな、なんて思います。

う〜ん、、、やはり現状維持か。。。



# TOEICの問題に関して、色々と思う事がありましたので、
# 次回に書きたいと思います。



----
↓いつもありがとうございます!(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/11/30(月) 00:38:02|
  2. TOEIC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

直前模試結果

TOEIC受験後まで更新しないと言いながら、久々にTOEIC模擬テストを
行なってみたので、結果を記しておきます。

模擬問題:新TOEICテスト900点獲得のルール20より

Listening:390〜430点
Reading:370〜410点

だそうです。。。。

。。。

私の最高点が800点

予想点数をそのまま足すと、760〜840点。

なんか、そのままなんですけど。。。


進歩も退化もしておらず、現状維持を確認する為に
TOEICを受験しに行くのか。。。

とりあえず、840点を取れるように頑張ってきます。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/11/27(金) 23:21:36|
  2. TOEIC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

現況とお知らせ

ようやく無事にTOEICの受験票も届きました。

前回の受験場所は最悪だったので、今回も同じ場所は嫌だな、と、
心配していたのですが、最高点を叩き出した前々回の受験場所と
同じ場所になり安堵している所です。

それにしても、今回は全くと言っていいほど、TOEIC対策をして
おらず、こんなのでいいのかと、自問自答しています。

恐妻家にとって、ようやく勝ち取った休日における家から解放
された時間なのですから、このTOEICにすべてをかけたい
気持ちではいるのですが、ちょっと今回だけは自分の生の
実力を図る機会にしたいと思っています。

ですので、残り数日しかありませんが、特に気負う事もなく
いつも通りに学習したいと思っています。

そんな訳で、TOEICについては自然体でいるのですが、
ちょっと話題を変え、このブログについてのお知らせを。

実は、こんな更新頻度のブログなのに、最近アクセス件数が
急激に伸びていているのです。

ついに、私の時代がきた!

と、喜んでいたのもつかの間。アクセス解析をみてびっくり。

そのほとんどが検索エンジン経由で、その検索ワードの
ほとんどが、『ビー○』(またひっかかると嫌なので伏せ字)、
なんです。

最近、この『○ーゴ』ってテレビで取り上げられたりしたので
しょうか。。。

試しにGoogleで、

『ビー○、英語、口コミ』

を検索してみましょう。。。

ポチッ。

ひーーー、1ページ目の1番上にこのブログが載ってる。。。

では次は2番人気の、

『ビー○、評価』

ポチッ。

ひーーー、1ページ目の2番目にこのブログが載ってる。。。

という訳で、

記事を速攻削除です。


そりゃ、皆様にお役に立つ内容を届けたいという思いもありますが、、、
やはり身の危険が迫っている以上、身の安全の方が大事でしょう。

ジャーナリズムに携わる者として(嘘です)、残念至極ですが、
家族の崩壊を防ぐ為には仕方のない事なんです。。。

というか、このブログを検索エンジンから検索できないように、
一時的に設定を変えようと思っています。

ですので、定期的に検索エンジンから訪れて頂いている方は、
ブックマーク等に入れて頂けると幸いです。

それでは、次回の更新ではTOEICの受験報告ができると
思うので、よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/11/26(木) 01:13:38|
  2. TOEIC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

TOEIC学習状況

TOEICの学習、順調です!、、、

と書きたい所ですが、実際の所、家の中には緊張した空気が
充満しており、息苦しい日々が続いています。

というのも、我が子も小学3年生の2学期を迎え、

そろそろ中学受験の準備をし始める時』(かみさん談)

になったからです。

私自身が中学受験をしておらず、中学受験についてピンとこない
所もあるのですが、かみさんが私立中学で育ったお嬢様なのと、
なにより、子供本人が私立の中学に行きたがっているため、私も
真剣に考えざるを得ません。

そんな訳で、TOEICの問題集よりも、うずたかく積まれた塾の
パンフレットに目を通す時間の方が多い毎日を過ごしています。。。

特に、『どの塾に行かせればいいか』、という問題だけでなく、
私立中学に受かってからの事、そもそも中学受験をさせるべきなのか、
という根本的な事、どの中学の制服がかわいいのか、等、、、
話し合う内容は山のようにあり、深夜まで、かみさんの話に
付き合わされてます。

一応、ここ数週間の激論の末、よやく結論が出そうなので、
そろそろTOEICモードに切り替える事ができるんじゃないですかね。
(どこか人ごと。。。)

また、この連夜の家族会議に思わぬ余波を受けたのが、
TOEICの模擬問題です。

私のTOEICの学習方法は、TOEICの問題を解きまくる、
というシンプルなものなのですが、、、

未だに新しい問題に手を付けていません。。。

というのも、解いていない問題は未だCDの中で、iPodに転送する
為には、かみさんのパソコンを借りるしかないのです。。。

# 我が家にポータブルCDプレイヤーというハイカラなものは
# 存在しておりません。。。

家の中がこんな状況なのに、無邪気に

「パソコン貸してっ。(はぁと)」


なんて言い出そうものなら、そこから確実に惨劇が始まって
しまう事でしょう。
# 私には次の日の新聞の見出しまで見えてます。。。

で、

しかたなく、ヒルキさんの模試を何度も繰り返し聞いているのです。

このヒルキさんの模試も、何度解いたか分からないぐらい
解いているので、問題文のしゃべりはじめで、答えが浮かんで
しまうような、クイズ、イントロドン!状態になっています。

まあ、そんな環境も言い訳にすぎない訳で、本当に熱意が
あれば、どんな環境でも学習はできますよね。

まだ3週間あると思い、頑張ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/11/13(金) 00:12:52|
  2. TOEIC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

創作スキット

11/3 文化の日。

ついにその日はやってきた。

その特別な日の日中は、何事もなかったのように過ぎさり、
時計はもはや、皆も寝静まっているであろう深夜1時を指していた。

暦の上では、もう11/4になってしまっている。

ふぅ、と一息つき、私はおもむろにパソコンを立ち上げた。

そして、メーラを起動させ、来ているべきであろうメールを
取り込むとりこんだ。


と、そこには、、、


スパムメールしかなかったのである。。。。


という事で、落選確定で〜す!!おめでとう!!

いや〜、それにしても、連絡がなかったら落選とか、プレゼントの
募集じゃないんだから、来年からはやめてくださいね。NHKさん。

やっぱり世の中、そう甘くないですね。

この落選で、

 提出したスキットが基礎英語2のマイコ・コープランドさんに
 気に入られる。
 ↓
 そこからロマンス(死語)が始まる。
 ↓
 そして二人で逃避行。

という私の夢も、露と消えました。

まあ、落選したのも当然の結果といえば当然なので、納得はしております。

ですが、何故私はスキットを公開するなどと書いてしまった
のでしょう。。。

選に漏れたダメダメなスキットを公開するなんて、なんて自虐的な
行動なんでしょう。

せめてこのブログの読者が一般の方々ならば良いのですが、
それなりに英語のできる方が多いですよね。

言うなれば、目の肥えた業界人が集うファッションショーに
すっぴんでユニクロ来て出場するようなものですよ。

これを羞恥プレーと言わずして、何というのでしょうか。

そんな訳で、己の言動を後悔し、羞恥心も裸足で逃げ出す程、
非常に恥ずかしいのですが、約束なので公開致します。

本当に恥ずかしいので、そこの所、多大なる配慮の程、
宜しくお願い申しあげます。

# 尚、実際提出したスキットは、以下のスキットに多少手を
# 加えたものなので、提出したスキットは、いくつか文法ミスが
# 直っているかと思います。(ちょっと言い訳)

それでは1つめ。RyotaとJohnnyの会話です。

Ryota:
I'm working here.
 And they are my coworker.

Johnny:
Hi, Ryota. What are you doing?

Ryota:
Hi, Johnny. I'm taking a video letter.
 I will send this film to my sister.
 I want to tell her my work.

Johnny:
Really? So,Is your video camera recording just now?

Ryota:
Of course.

Johnny:
Ah,,, M..My name is Johnny Trey.
 And I'm a actor...
 And Well..

Ryota:
Johnny.Act as usual!

Johnny:
Sure. I'm here for... for taking a movie. And...

Ryota:
OK. I stop recording.


次に2つめ。TomoとRyotaの会話です。


Tomo:
How's your English study, Ryota?

Ryota:
It's going very well.

Tomo:
Realy? What's going on with you?
You usually seemed to have little confidence in English.

Ryota:
On the other day, I helped a lady in English.

Tomo:
Oh That's great!
Please tell me the details.

Ryota:
OK.I was asked the way to the station in English.
And I could answer her in English too.

Tomo:
How wonderful!

Ryota:
But.

Tomo:
But?

Ryota:
I told her wrong way.

Tomo:
...You should learn a way to apologize in English.


以上です。。。やはり微妙。。。


----
↓いつもありがとうございます!(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/11/06(金) 00:44:44|
  2. NHKラジオ講座|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4