英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

公文の英語センテンス

長男が夏休みに入り、子供の相手や昼飯作りをしなくてはいけない
かみさんの期限はどんどんと悪くなるという、嫌な季節がやって
まいりました。

また、我が家はお寝坊家族なので、子供を学校に送り出す必要の
ない我が家の居住者達は、必然的に起床時間が遅れていき、また
その結果、就寝時刻も遅くなり、そうして私の夜の英語学習時間も
減っていきます。

そんな私のあまり順調とは言えない英語学習を尻目に、長男の
英語学習は順調なようで、公文の英語学習内容もどんどんと
高度になっているようです。
# まだまだ基礎英語1のレベルまでは届いていませんが。

そんなある日の事。

11時近くなっても目が爛々としている長男にかみさんがきれ、

「眠れないなら時間がもったいないから、
 公文の英語でも勉強しなさい!」


と、私共々、寝室から勉強部屋に追い出されてしまいました。

しかたなく、一緒に1単元を学習したのですが、その中の学習項目に
このようなセンテンスが含まれていました。

 at night
 at noon
 in the morning
 in the evening
 in the afternoon


これを見て子供が一頃。

「覚えにくい。。。
 なんで全部同じにしてくれないの。。。」


私は、atは1点の時刻を指すんだよ、と教えようとして、ハッと
固まりました。

。。。at noonは1点だけど、at nightって1点じゃないじゃん。。。

。。。in the nightではダメなんだろうか。。。

という訳で、私は、子供に

「丸暗記しなさい。。。」


としか言えない、ダメ父親になってしまったのでありました。。。

まあ、後でネットで調べてみると、at night でも in the nightでも
どっちでもいいみたいですね。
# 本来は、in the nightだそうですが。。。

ただ、at morning とは言わない訳で、英語ってやはり難しく、
理数系の我が家族(長男も算数だけは得意。。。)にとっては
理詰めが効かない所がやっかいですね。

それでも、子供は英語を嫌いになる訳でもなく、今の所は続いて
いるようなので、私も負けずに頑張らないとダメですね。。。(^^;


----
↓いつもありがとうございます!(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/07/26(日) 00:39:28|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

TOEIC対策

すみません。間が空きました。。。

ようやく、昇進試験の準備は一段落したのですが、ちょっと過労で、
床に伏せっておりました。。。

しかも、TOEIC受験予定日の9/13が、子供の小学校の運動会の日、かつ、
稲刈り体験の日、という事がわかり(稲刈り体験はキャンセルしました)、
少々ブルーな日を送っていました。。。

ですが、その次のTOEICの受験日を目指し、学習を続けていますので、
今日は、私が選んだ教材についてレビューしたいと思います。



新TOEICテスト900点突破英単語ドリル


とりあえず、800点から860点にあげる為の効率的な手段って、
もう無いように思えたので、初心に戻り、単語力を増やす事に
しました。

700点や800点までなら、『TOEIC必須単語』なんて本があり、大抵
同じような単語が載っているのですが、900点を目指すとなると
裾野が広くなり、今までに出合った事のないような単語ばかり
なんですよね。

そんな一期一会の単語を覚えるのは、時間効率的によくないのでは、
と思っていたのですが、この本はわりと良かったですよ。

単語がちりばめられた文章が比較的面白く、また、赤い下敷きが
本についてきて、それを通すと単語が見えなくなる、という
苦学生が喜びそうなギミックも、ついつい単語を見て覚えた気に
なってしまう私にはぴったりでした。

付属のCDも、基礎英語1にラップのリズムに合わせて単語の
リピートを繰り返す箇所があると思いますが、あれが延々と
主要な単語で流されており、これはこれで良い試みだと思います。

# amazonでは、本文の読みが収録されていないのはおかしい、
# と書いている人もいました。

あ〜、あと、本の帯に10の記憶術とありますが、期待しない
方がよいように思います。

こんな記憶術ができる人だったら、簡単に単語を覚えられている
と思います。
# 私には無理です。

なので完全に、本文つき単語帳ですね。

とりあえず、私はもうすぐ1回目が終わりそうなので、終わり次第、
2回目に入る予定です。

こんな難しい単語、TOEICに出るのだろうか、、、という思いが
頭の中に浮かぶ時もあるのですが、とりあえず信じて頑張って
みます。


----
↓いつもありがとうございます!(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/07/14(火) 00:16:26|
  2. TOEIC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4