英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

TOEIC SWテスト無料体験

最近、帰りも遅く、帰宅後も雑務に終われ、睡眠不足の日々が続いて
います。

睡魔と闘いながら家事をこなせば、色々と粗相をする事が増えるのも
仕方のない事でしょう。

特に仮眠中の所を起こされ、晩御飯の後片付けをさせられている時等、
ミスの発生率が確率変動状態となり、大変危険な状態になるかと思い
ます。

つい私が、かみさんお気に入りの湯のみを割ってしまったとしても、
誰が私を責められましょう。。。

いや、責められまい。。。

という訳で、深夜の説教明けの私ですが、、、ブログだけは元気に
いきましょう!!

先日、TOEICの結果をネットで見られるように登録すると、送られて
くるメルマガからこんなメールが送られてきました。

『〜公開テスト会場でTOEICスピーキングテスト/ライティングテストを
 無料体験〜』


私はスピーキングに全く自信がない故、TOEIC SWテストには全く興味が
なかったのですが、この体験会には参加しようかどうか、今、非常に
迷っています。

というのも、こんな惹かれる3点があるからです。

1.無料


金欠状態の我が家にとって、第一条件です。

信頼のある団体の無料お試しテスト程、お得なものはないでしょう。


2.開催日時


『開催日時:2009年2月12日(木) 18:45〜20:30』

なんと恐妻家に優しい時間帯なのでしょうか。。。

普通、こんな時間にテストしてもらえないですよ。

これなら残業と偽り、テストを受けてくる事ができます。


3.「採点はされませんので、予めご了承下さい。」


先程も述べましたように、一応、TOEIC800点ありながらも、全く話せない私です。

いいです。採点しなくても。

と、いうか、

採点してほしくないのです!!


自信をなくすから。。。


上記3点より、申し込むだけ申し込んでみようかな。。。

ブログのネタにもなりそうだし。。。



最近の低迷状態を脱出するためにも、申しこんでみますね。

多分、定期的に無料体験は行なわれていそうですので、皆さんも
TOEICのインターネットサービスには登録しておいて、損はないと
思いますよ!


----
↓今年もよろしくお願いします。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/01/31(土) 00:22:39|
  2. TOEIC|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

新しい英語学習SNS『エントイ』

先日、英語学習者のための新しいSNSをたまたま知りました。

『エントイ』

まだβ版らしく、正式に開始されていはいないのですが、テスターを
募集しているようでしたので、私もIDを取って使って参加してみました。

本日は、その使い勝手をレポートしてみたいと思います。

まず、肝心の英語学習のためのコンテンツです

内容については、上のリンクから飛んで確認してみて下さい。
(↑手抜き)

私はその中で、『コア』と呼ばれるコンテンツを試してみました。

これは、始めに基本動詞のイメージ内容を説明し、その後、その動詞に
関するディクテーションを行わせる形式でした。

これ、割りと良さそうですよ!

ひたすらディクテーションを繰り返すiKnowとも違いますし、ただの説明
コンテンツでもないし、後勝ちの強みと言うか、やり方が洗練されている
ように思います。

ただ、β版だからなのか、学習し終わっても進捗率が0%のままで
全くあがらないのがちょっと気になります。
# 本番では直るのでしょうが。

またSNS機能ですが、とりあえず標準の機能はだいたいついていそうです。

後は、学習しながらチャットができるみたいで、これはちょっと楽しみ
ですね。
# 話す人がいるのか、というつっこみは却下。

またSNS機能の方で気になったのが、プロフィールの表示・非表示は
項目毎に行なえるのですが、メールアドレスの非表示設定がありません
でした。

これは致命的なので、本番までにはメールアドレスを非表示にできるように
しないと駄目でしょう。

# 私は捨てアドレスで登録しているので大丈夫ですが、皆さんも
# 本アドレスでは登録しない方が良いと思います。

とりあえず、今後も一通り試してみますので、新しい情報等あれば
お伝えしますね。

また他のSNSと言えば、私のお勧めのlang-8ですが、最近まぐまぐで
紹介されていたので、きっとユーザ数が増えている事と思います。

lang-8も何で一歩を踏み出せないのかな、、、なんて最近悩んでしまう
のですが、しばらくは、レビューを言い訳にこのエントイで遊んで
いようと思います。(^^;

----
↓今年もよろしくお願いします。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/01/26(月) 23:32:58|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

英語の中の日本語

雑誌・テレビ・ラジオ等の英語学習のコンテンツにおいて、

 『英語圏で日常的に使われるようになった日本語』

というものは、よく取り上げられるテーマですね。

例えば、英語圏でも、

 カラオケ

なんて日本語が通じますよ!、なんて話題で盛り上がっていたりします。

この話題って、日本の英語学習者に受けの良い話題らしく、色々な所で
このテーマに沿った内容を見聞きしますが、そんな日本語って、大抵
同じものばかり取り上げられますね。

例えば、

 豆腐、布団、侍、カミカゼ

なんかでしょうか。

しかし、こんな言葉を日常的に使っている英語圏の方がいるとは思えませんし、
日常会話にほとんど出てこない単語でしょう。

# カミカゼを日常的に使う人に会ってみたいですねぇ。。。(^^;

せいぜい、『大君』から派生したtycoonをビジネスで使うぐらいでしょうか。。。

例えば、英語圏の方との商談に行き詰った時、

「Oh!! You are tycoon!!」


なんて使えば、取引先も大喜び間違いないでしょう!!

そんな状況において、先日聞いた大杉先生の"Cross Cultural seminer"でも、
同じテーマでの放送があったのですが、ちょっとびっくりした単語がありました。

スーザン岩本さんがあげた、そのびっくりの単語はこれです。


skosh



これ、日本語の『少し』からきた言葉で、意味もそのまま『少し』という
意味だそうです。

# 是非、英和をひいてみて下さい。

これ、日常的に使えますよね。

頻繁に使える言葉で、日本語そのままで通じる言葉があるって事に、
かなり私は衝撃を受けました。

ここで私はふと、中学生の頃、海外から同い年ぐらいの短期留学生が
クラスにやってきた時の事を思い出しました。

担任の先生が、その留学生をクラスに紹介する際、彼にこう聞いたのです。

「日本語は話せますか?
 Can you speak Japanese?」


その問いに留学生はこう答えました。

「スコ〜シ」


おお〜!!


思いがけない日本語の返答にどっと沸く教室内。

でも、今にして思えば、あの「スコ〜シ」は、このskoshという単語で、
実は英語だった可能性も否定できません。(^^;

俗語ではありますが、このskoshという単語、忘れられない単語になりそうです。



# コメントの返事遅れてすみません。。。もう少々お待ち下さい。。。


----
↓いつもありがとうございます。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/01/21(水) 00:04:11|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

知的英語の習得術

早速ですが、久々に図書館で借りた英語関連本のレビューでも。

知的英語の習得術



amazonの紹介では、英語学習方が紹介されている本とありますが、
その学習法はたいした事ありません。(^^;

そんな学習法よりも、著者の体験から語られる英語学習者の在り方、
というか、その心構えを延々と述べられているのですが、その説得力に
感銘をうけました。

著者はこの本で、英語が多少話せるようになって、日本人が持つ
典型的な欧米人のイメージ(フランクでジョーク好きなイメージ)
通りに振舞おうと人格まで変わってしまった人々を、滅多切りに
しています。

その中の言葉で一番、印象に残っている言葉が、

英語は「あなた自身」を正しく表現する道具

という言葉です。

私はまだ英語がしゃべれるようになっていないし、英語という
道具を使いこなせるまでにはなっていないですが、この言葉には
かなりドキっとさせられました。

実は私、今まで英語というものに、自分を変えてくれる力をちょっと
だけ期待していたのです。

何せ、今の内向的な自分が好きではなく、英語のスキルを身に
つける事で、自分を変える事ができ、自己実現を計れるではないか、
と考えていたのです。

でも、やはりそれはおかしな考え方なのですね。

英語は自分を表現するためのツールであって、英語を話そうが
日本語を話そうが、私は私なんですよね。

ここの本は、もう図書館に返してしまいましたが、この言葉を
忘れないでいきたいと思います。

尚、この本で最後にちょろっと記述されている学習法は、
一言でいうと、丸暗記方です。

私もこの英文丸暗記に燃えていた時期があったので、その学習法を
認められたようで、少しうれしくなってしまいました。

また、文法を疎かにして、実践だけで英会話を身につける事は
間違いだと明確に述べていて、このあたりも私の感性と合いました。

もし、お近くの図書館で見つけたら是非。
# 本屋には売っていないと思うので。。。(^^;


----
↓今年もよろしくお願いします。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/01/16(金) 23:44:45|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

海外から帰国された知り合い家族

引越し前のマンションが全く売れません。

このご時世、仕方のない事ではあるのですが、いつまでもダブル
ローンを抱えている訳にもいかず、賃貸にする事を決意し、
この3連休、色々な手続きで奔走していました。

不動産と賃貸依頼の契約は以前から行っており、早々と入居したい
物好き、いえ救世主が現れてくれたのです。

ですがなんとその家族は、長男の同級生がいる私達の知り合いの
ご家庭だったのです。

以前から仲良くさせて頂いている家族と、お金が絡む関係になるのは
不本意ですが、背に腹は変えられない所です。

一応、間に不動産が入ってくれるので、ほとんどの事はお任せして
しまいました。

と、ここまで英語と全く関係ない話しだと思われた貴方。

実は関係があるのです。

なんと、その借り手の家族は、1年間の海外生活から帰ってきた
ばかりのご家庭なのです!

# 知り合いだったのは、海外に渡る前の話です。(^^;

もちろん、家族全員英語がペラペラになって帰ってきてますし、私も
その子供たちを預かって、一緒に博物館にもいった事がある仲
ですから、子供たちと英語で話す事も当然できます。

こんなところで生きた教材とお知り合いになれるとは思っても
みませんでした。

そんなお知り合い家族なんですが、早速、かみさんと長男が
お呼ばれになって、その方々の所に行ってきたそうです。

「なんかね〜。
 みんなの言葉に、英語と日本語が混じっているから面白いよ。
 日本語の中のカタカナ語も本場の発音だし。」


う〜ん、最近、大杉先生のポッドキャストでも、似たような
話題が出たな。。。

私も是非、会って会話してみたいものですが、やっぱり実力不足から
ぼろが出そうですね。。。

とりあえずお金の関係もあるので、慎重に慎重に、家族ぐるみで
仲良くなっていけたらと思っています。


そしていつかは英語仲間に!!


----
↓今年もよろしくお願いします。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/01/14(水) 00:25:03|
  2. その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
次のページ