英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

海外移住への道

今年もサンクスギビングデイがやってきました。

今年のサンクスギビングは11/28だそうですが、アメリカ人が
ゆったりと過ごしている中、日付が変わるまで会社に缶詰に
なっていました。。。

# 日本の勤労感謝の日にも、休日出勤していたし。。。

まあ、私の過酷な労働環境はおいておいて、毎年この時期になると、
私はアメリカ出張の時に、感謝祭のパーティに呼ばれた場面を
思い出します。

英語が全く話せないのに、アメリカ出張を命じられ、さらに現地の
方の感謝祭のパーティに招かれ、予想通り会話についていけず、
シャイな日本人の典型を演じてきた悲しい過去。

今でも思い出す度に、何で英語をしゃべれなかったのだろうという、
自責の念が湧き上がります。

そんな一歩間違えればトラウマになり、英語を嫌悪するように
なってもおかしくない体験でしたが、それを乗り越え、逆に
好きになれたのは、運が良かった事だと思っています。

さらに、その辛い思い出が、この時期になると鮮やかに蘇り、
新たな英語学習のモチベーションとなってくれるのです。

いつか感謝祭のパーティで英語を流暢にしゃべる、それが私の
英語学習のゴールなのかもしれません。

ただこの先、今の仕事についていても、海外にいける機会は
そうそう、というか全くない状況です。
# 前回の海外出張はたまたまでした。

今の状況においては、感謝祭のパーティに参加する事など、
可能性が限りなく0に近いのですが、その状況をあきらめる
でもなく、道は自分で切り開いていかなくてはなりません。

そうです。

私のさらなる夢は、アメリカに移住し、大きな家に住んで、
自らの手で感謝祭のパーティを開く事なのです。

感謝祭に参加された現地の方々は、皆生き生きとしていて、
またとても大らかで、うらやましい限りでした。

私も、35年の重い重いローンを抱えても、猫の額程の庭つき
一戸建てしか買えない日本を脱出し、のびのびと生活したいです。

当然、この夢を実現すの為に一番の障害となりそうなのが
家族
ですが、、、

なんと、かみさんは、この海外移住計画に大賛成なのです!!

かみさんも海外生活に憧れがあって、老後は海外でのんびりと
暮らしたいとまで言っています。

私はこんな時こそ、多少(いや多分に)恐妻であっても、価値観の
同じ人と結婚しておいて良かったな、と思います。

# 合わない価値観も多いですが。。。

まあ、移住するにしても、まだ先々の話しですし、クリアにして
おかなくてはいけない事は山ほどあります。

それでも、夫婦で海外移住の計画を相談したりするのも、お互いの
夢を語り合ってるみたいで、悪くはない事だと思います。

感謝祭の日。

思いも新たに、移住に向けて夫婦共々、これからも頑張ります。

# それなら一緒に英語を勉強してくれてもいいのに。。。


----
↓いつもありがとうございます。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/11/29(土) 01:09:29|
  2. 日常(非英語)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

現在形と現在進行形

英語において、学習当初からずっと不思議に思いつつも、ようやく
大西先生の説明で分かったと思いきや、やはりよく分かっていない事が
あります。

それは、現在形現在進行形の使い分けです。

『haveやwantの等の状態を表す動詞は、進行形を取らない。』

なんて説明を皆様は聞いた事があるかと思います。

『例えば、私はペンを持っています。』

という保有の意味なら、

I have a pen.



I'm having a pen.

は、使えないという意味ですね。

でも、

 『実際に今ここでペンを体に身につけて持っている。
  私は今、ペンをここで持っているんだ!』

と言う時には、どう言うのか、ずっと疑問でした。

そんな中、大西先生の説明で、

 『現在進行形は、躍動感。』

状態を示す動詞でも、そこに躍動感がか感じられれば進行形を
使っていいんだ、という言葉を聞いて、目から鱗が落ちました。

また逆に、

 『躍動感が感じられない行為については、現在系を用いればよい。』

という事も分かり、この考え方は現在形と進行形で悩んでいた私に、
光を見出してくれたのです。

おかげで、(TOEICでは現在形と進行形の判断問題は出題されませんが、)
センター試験の英語で出題される現在形と進行形の使い分けでは
悩まずに回解答できるようになりました。

# というか、躍動感って主観てきなものなのだから、現在形と
# 進行形を選択させる問題って、あまり意味がないのではないかな、
# なんて思ってしまいます。

ただ、本日の基礎英語2の例文には参りました。。。

 I am reading a mystery book.

# ちょっとちょっとうろ覚えですが。。。

この文章って、今実際に、本を読んでいる訳ではないですよね。

今、長期的に、家とかでミステリーの本を読んでいるって言いたい
訳ですよね。

躍動感が感じられません。。。

日本語で考えてみましょう。

「私は、今、ミステリー小説を読んでいます。」

という日本語の文章があったとします。

この文章。実際、

 『まさに今現在、小説を手に持って読んでいる』

という動作中なのか、

 『家でミステリーの本を読み始めて、今は手元にないけれど、
  小説を読んでいる途中である。』

なのか、区別はつかないですね。

日本語と同じように、

 I am reading a mystery book.

は、上記のどちらとも取れる文章なんでしょう。

であれば、進行形は、『躍動感』というキーワードの他に、

『何か行為を始めて、今この瞬間はその動作を行ってはいないけど、
 ずっと続けている。』

つまり、『進行中』の動作に
使える形式なのでしょう。

# だから進行形って言うのですね。

# ここでの推論は、文献を全く参照していない私の頭の中での
# 勝手な推論なので、素直に信じないで下さいね。


私の中では、上記のような結論になりました。

現在系と進行形だけでも奥が深く、まだまだ探求の旅は続き
そうです。。。

----
↓いつもありがとうございます。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/11/26(水) 00:47:33|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

英才教育?

我が家の二人目の子供も、ようやく3ヶ月まで成長し、こちらの
呼びかけに、笑いや喃語で応えてくれるようになりました。

生意気な言葉使いが増えてきた長男と違い、かわいい盛りです。

その喃語。「く〜」とか「ぅえ〜」とか、何かを訴えかけてくれて
いるようですが、その言葉を理解できないのは、喃語も英語も同じ
ですね。(^^;

ん?

英語と同じ?そうですね。

私は今まで、喃語には喃語で応えていたのですが(かみさんには不評)、
喃語に対して英語で応えれば、私の英語能力もあがるし、赤ん坊の
英才教育にもなるし、一石二兆ではないですか。

そんな事を思いついてからというもの、かみさんがいない所では、
子供に英語で話しかけたりしてます。

例えば、

「あ〜。」

には、

「What happen?」

とか、

「う〜」

には、

「What do you want to do?」

とか。(かなり怪しいですね。。。)

まあ、この調子でいけば将来が楽しみです。うんうん。(←親ばか)

ただ、かみさんが見ている前では、怖くて英語で話しかけられない
事が難点ですけどね。

# あれっ。先日、英語学習を認めてもらったような気がする
# のですが。。。(^^;

まあ、こちらの子供はこれからいくらでも英語を染み込ませていく
機会があると思うのでよいのですが、問題は、上の小学2年生の息子です。

未だにBe-Go(ビーゴ)で検索してこのブログに訪れて頂ける人が
いるかと思いますが、この息子に高い高いビーゴを受講し、何とか
終わらさせた事は、以前書いた通りです。

が。修了してから早半年。

どれぐらい、英語が身についているのでしょうか。。。

早速、子供を捕えて実験です。

「ビーゴで覚えた英語の文章。
 何か1つ言ってみ。」


「う〜んと。。。
 Hi!
 かな。」


う〜ん、、、それは文章ではないかな。。。

「。。。ん。
 それ以外に何か英語を覚えてないの?」


「う〜ん。。。
 。。。
 え〜と。。。
 。。。
 う〜ん。。。」


「。。。
 もういいです。。。」



将来子供が稼ぐようになったら、絶対お金を返して
もらいます。。。(^^;


----
↓いつもありがとうございます。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/11/21(金) 23:57:31|
  2. 日常(非英語)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

罪悪感

以前、良質のミステリーが読みたいとこのブログに書いたのですが、
その禁断の果実に手を出してしまいました。



『容疑者Xの献身』 東野 圭吾

最近、映画化されたのでご存知の方も多いかと思います。

私は、東野作品を以前からずっと敬遠してきたのですが、とある方の
この本への絶賛レビューをみて、衝動的に購入してしまいました。

はい。大当たりのミステリーでした。

内容やレビューはネット上の方々にお任せするとして、読んでみて
損はないと思いますので、皆様も是非。

また、かみさんにもこの本を読んでもらって、感動を分かち合いたいと
思うのですが、かみさんは、私が勧めようとしたものに対して、
勧めれば勧める程、読むのを嫌がるんですよね。

なので、なにげなく机の上にこの本を置いておいて、いつか興味を
持ち、手にとってもらおうと思っています。

私もそうなのですが、第3者から勧められた物は素直に受け入れられる
のに、身内から勧められた物って、なんか気乗りがしないのは、
何故なのでしょう。。。

閑話休題。。。

ここまで英語に関連する話題が全く出てきていないのですが、やはり
小説を購入する時は、頭の片隅に

『これで、英語を学習する時間がちょっと減ってしまうな。。。』

なんて思いがよぎってしまいます。

このちょっとした罪悪感には、功罪両方の面がありますね。

功の面は、もちろん、私の中で英語学習の意欲が高まっている証であり、
英語学習者として必須の罪悪感でしょう。

罪は、小説1冊に対し、そんな罪悪感を持ってしまう心の狭さ、
自分の余裕のなさ、でしょう。

あくまで私にとって英語は自然な趣味であって、無理して意識的に
学習すべきものではありません。

何回か書いていますが、英語が自分の負担になってしまい、英語から
離れざるを得なくなるのが怖いのです。

この功罪。どちらが強いのか、私にとっては分かりませんが、
これからも、とっとした罪悪感を感じながらも、英語以外の趣味に
時間をちょくちょくと費やす事でしょう。


でも、罪悪感を感じても後悔だけはしないように頑張ります。


----
↓いつもありがとうございます。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/11/19(水) 00:44:14|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

ラジオ英会話

ちょっと体調を崩し気味なので、プチ更新で失礼致します。

最近、今年度に入って初めてラジオ英会話のテキストを購入して
学習していますが、やはり快適ですね。

流石にラジオ英会話ぐらいのレベルになってくると、ただ聞いている
だけでは頭に入っていなかった事を再認識させられました。

この『ラジオ英会話』という講座。

テキストを持たずに聞いていた頃はそんな事を思わなかったのですが、
ちょっとひねった口語表現が山盛りですね。

簡単に、sure.とか、OK.とか、Why?とかですませられそうな所でも、
実に様々な表現を用いられています。

ただ、こんなに色々な表現が使われている会話が、本当にネイティブに
とって自然なんだろうか、とちょっと不安に思ってしまいました。

かといって、基礎英語1や基礎英語2などの、簡単な表現しか使わ
ない会話は、さらに確実に不自然ですよね。

また、色々な表現を覚えられるのは良いのですが、ビジネスの世界では
使わない(使えない)表現が多いでしょうし、それ故、ラジオ英会話に
でてくる表現はTOEICにも出てこないでしょう。

なので、私にとってこの講座は、エンターテインメントがメインで、
それとともに知らなかった表現に触れるという、ちょっと息抜きが
できる講座だと思います。

肩肘はって学習するのはCNNに任せておく事にして、この講座は
楽しんでいきたいと思っています。

皆さんも、私のNHKの英語講座で一番のお勧めはこの講座ですので、
ぜひ聞いてみて下さいね。
# ここを見て頂けている人は、ほとんどご存知だとは思いますが。(^^;


----
↓いつもありがとうございます。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/11/15(土) 23:32:11|
  2. NHKラジオ講座|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ