英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

育児とお世話と学習と

先日、ついにかみさんと子供が退院し、にぎやかな毎日が戻って
まいりました。

さすがのかみさんも出産のダメージは大きかったようで、母子共に
健康ではあるものの、体力的にしんどそうです。

ですが、そんなに体はぐったりとしているのに、

口だけ絶好調なのはなぜなのでしょう。

特に体が動かない分、要求の方も普段の5割増しという所で、非常に
高度な事が要求されてます。

一応、かみさんが戻ってきた時にあまり怒られないように、慎ましく
生きてきたつもりなのですが、それだけ気を使っていても、その散らかり
様に文句があるようです。

それにしても、やはり予想していた事とはいえ、英語の学習の時間は
ほとんど取れないですね。

家での学習時間は元々あまりあてにしていないのでいいのですが、
睡眠不足と疲れで、通勤電車で学習をしていても、いつのまにか夢の
世界へ引き込まれています。

# 子供へのミルクは混合なので、深夜に起きてミルクをあげたり
# しています。

この生活のリズムに慣れるまでは、英語をしっかりと学習する事は
厳しいかもしれないですね。

少々残念ですが、しばらくは現状維持を保てる様に、なんとか
1日の内で英語に触れる時間を持てるようにする事が目標となって
しまうかもしれません。

このブログも、しばらくは更新間隔が空き気味になってしまうかと
思いますが、見捨てずにいて頂けるとうれしいです。

連続して短いエントリーで申し訳ないですが、この辺で。。。

--
いつもありがとうございます!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/08/29(金) 00:27:47|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

私事連絡

今日は私事連絡で大変申し訳ないのですが、予定日よりも1週間早く
第二子が誕生しました。

一人目が生まれた時は、その責任の重さに誕生を喜ぶというよりも
重圧に押しつぶされていたのですが、今回はさすがに余裕をもって
誕生をうけとめる事ができました。

久々に見る自分の赤ん坊はやはりうれしくて、この子の為にも
今以上にしっかりしていかないといけないな、と感じた次第です。

それにしても今、かみさんは入院していたり、一人目の子供は、
キャンプで家を開けていたりと、最後のまとまった英語学習の
チャンスなのですが、ほとんど無為に過ごしておりました。。。

子供とかみさんが家に帰ってきたら、家事に育児と、英語学習する
時間は通勤時間だけになってしまうかと思いますが、
(まあ、今でもほとんどその時間だけなのですが、、、)
限られた時間内で最大限の効果をあげるように頑張っていきたいと
思っております。

今回は短いですが、ご報告まで。

このブログで家庭の事と言ったら、ほとんどかみさんが取り上げられ、
子供の事を書く事は少ないのですが、しばらくは第二子がらみの
トピックが取り上げられる事になりそうです。

それでは、これからもよろしくお願い致します。m(_ _)m

--
いつもありがとうございます!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/08/25(月) 03:09:24|
  2. その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

英語エリートと雑草魂

今日は、いつか書こう書こうと思いつつも、なかなか書けなかった、
私とかみさんの境遇について書きたいと思います。

それは、かみさんの両親と、私の両親についてです。

実は、かみさんの両親はお二方とも、英語エリートとでも言える
方達なのです。

まず義母は、元英語教師で、数年間教壇に立っていた事があります。

また義父は商社のサラリーマンで、数え切れない程海外に出かけ、
現地の人と英語で交渉していたそうです。
# 今は定年退職しておりますが。

そんな英語人二人から産まれたかみさんは、まさに英語のサラブレッド
というべき、お人でしょう。

かたや私の両親はと言うと、父は、英語はおろかパスポートさえも
申請した事があらず、海外経験も全くありません。

また母の方はというと、『英語を聞いていると眠くなる、』という
理由で、映画は吹き替え版しか借りてこない程の英語オンチ。

全くもって、この二人と英語は、何の接点のかけらもないものと
思われます。

# また、蛇足になってしまうかもしれませんが、かみさんの両親は
# 二人とも大卒で、私の両親は二人とも高卒です。

そんな訳で、私の血筋からは英語のえの字もみつからず、どうして
私が英語を好きになったのか、よく分からない状況です。

ですが、だからといって、

「こんな境遇だからこそ、そんな血筋に負けずに
 雑草魂で頑張ろう!!」


とか、

「英語エリートになんか負けてたまるか!」

なんて思いは、

ぜ〜んぜん、ありません。

私の深層心理の奥深くを覗けば、英語に対して劣等感があるのかも
しれませんが、今の所、この境遇を不遇に思ったりする事は全く
ありません。

ですが、なんか状況的には面白いですよね。(^^;

私としては、英語エリートのかみさんにも、遺伝的に英語を学習
してもらい、夫婦そろって英語ぺらぺらとなりたい所ですが、
なかなか難しいようです。

ただこのかみさんの両親の事で、『かみさんに申し訳ないな、』と
思う事が一つだけあります。

それは、私とかみさんの両親との仲が、あまりよくない事です。

かみさんのご両親は、性格的に悪い人達ではないのですが、私がその
ご両親をあまり受け付けず、他人行儀な態度を示しているうちに、
お互いにお互いを疎み始めてしまいました。

今では、一応、年始など表面的な付き合いは続けているのですが、
それ以外はほとんど会う事もなく、本当にかみさんには申し訳なく
思っています。

# 「旦那と実家が仲悪いのは当然の事でしょ。」
# なんて言ってくれるのが、かなりの救いになってます。

ですので、かみさんの両親と英語で話すって言うのも、別の意味で
また、夢の夢、なんですよね。

まあ、私は私で雑草らしく地道に学習を重ねていきたいと思っています。

# いつかはかみさんのご両親とも自然につきあいたいのですが、、、
# う〜ん。。。


--
いつもありがとうございます!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/08/22(金) 00:21:45|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

家庭について話し合う態度

現在、夏休み真っ盛りですが、私の小学生の子供もたっぷりと
エンジョイしております。

この夏休み。たっぷりエンジョイするのは良いのですが、夜も
なかなか寝られず、夜更かしになるのは考え物です。

学校がある時には、ころっと9時に寝ているのですが、今は11時
近くなって、ようやく寝息が聞こえてきます。

我が子の就寝時間。

その時間が私の英語学習ライフにどう関係するのか、という事で
すが、実は、大いに関係あるのです!!

というのも、子供が寝てから、食器の後片付けをしたり、家庭上の
問題等について色々と話しをしなくてはいけないので、必然的に
私の英語学習タイムはどんどんと遅くなっていく事になります。

幾度か、このブログでも書いておりますが、かみさんとのこの夜の
語らいタイムは、かみさんにとって本当に重要なんですよね。

気のない返事や曖昧な答え等を繰り返していると、解放予定時刻も
どんどんと伸びる事になり、英語学習時間も少なくなります。

ですから、子供にはもう少し早く寝てもらえればなぁ、、、などと
思う事もあるのですが、こればかりは子供に罪はないですよね。

というより最近、話し合う私の態度にも問題があるのではないか、と
思うようになってきました。

世の中の男性って、私も含めて、あまり家庭内の事に関心がない
人が多いですよね。

日中、会社で頭や体を酷使して、ようやく家に帰ってきた所で、また
家庭内の事情に頭を使いたくないっていう気持ちは、私にもよく
分かります。

『そんな事、適当に考えて好きにしてよ。』なんて言いたくなる事も
あるでしょう。

ですが最近、かみさんにとって頼れる大人といったら、私ぐらいしか
いないのかな、と、最近思う事が多くなりました。

また、かみさんに家事を全部任せ、役割の分担だ!、などと言っている
旦那さんは、二人で担うべき家庭内の責任を、すべてかみさんに押し
付けているのだと思います。

それで家庭内に何か問題があった時に、ろくに相談にものっていな
かったのに、自分は悪くないような態度を取るような旦那にだけは
なりたくないと思います。

まあ、こんなきれい事ばかり言っても実践しなくては仕方がないので、
最近は少しづつ、かみさんの話しに向き合うようにしています。

そう、つつみ込むような大きな包容力で。。。
# そんな包容力はありませんが。。。

と、ここで終わればこの話は、夫婦のいい話しコンクールで入賞
できそうな話しで終わるのですが、現実はそううまくいきません。

最近、言われた言葉を列挙してみます。。。


「こうって、何か考え方がずれているのよね。」

「もうちょっと真面目に考えてくれない。」

「ちゃんと家の中みてるの?
 そんな事、ずっと前からしてるじゃない!」

「普段、こうが如何に家の事を気にしていないかが、
 よ〜く分かったわ。」



う〜ん、、、なかなか男が家の事に口を挟むのは難しい。。。

英語学習よりもこっちの学習の方が先かも。。。


--
いつもありがとうございます!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/08/19(火) 00:14:47|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

これってマルチリンガル?

お盆になっても、家事に仕事にと、休みなく働いております。

今日は、このブログで初めて、仕事関連の話題を取り上げてみたいと
思います。

普段、家庭でいろいろと便利に使われている私ですが、仕事でも
便利屋として使われる事が多く、今のお仕事はプログラム言語を用いて
簡単なソフトを作ってます。

このプログラム言語っていうものですが、要はパソコンと会話する
為の言語ですから、英語や日本語となんら変わりありません。

また、人間の言語に、英語や日本語などの色々な種類があるように、
プログラム言語にも色々な種類があります。

私は今の仕事では、VisualBasicC#(シーシャープ)という二つの
言語を同時に扱わなくてはならず、日々、擬似バイリンガル気分を
味わっています。

元々、実は私はJavaというプログラム言語を専門としてたので、
プログラム言語に関しては、マルチリンガルと呼んでもいいのでは
ないか、と、自負していたりもします。

そんな、パソコンを自由に操る事のできるプログラム言語ですが、
一般的には、『専門的な知識を要する難しいもの、』と思われて
いるのではないでしょうか。

ですが、英語に比べれば、はるかに用いる単語が少ないですし、
文法も全く曖昧性がないので、習得は英語よりもはるかに楽だと
思います。

「それでもプログラム言語って難しいんでしょ。」


という方には、過去にはなんと、日本語で書けるプログラム言語が
あった事例を紹介したいと思います。

例えば、

 メーラー開け
 メールを取り込め
 件名が英語のメールををゴミ箱に入れろ
 メーラー閉じろ


なんて書けば、後はこのプログラムを実行する度に、スパムメールを
削除してくれます。

また、

 ブラウザ開け
 ブログの管理画面にジャンプ
 適当に文章を考えろ
 文章を打ち込め
 送信ボタンクリック


というプログラムを作れば、自動的にブログだって更新して
くれちゃいます。
# なんて便利!!

ただ、こういったプログラム言語は、英語に比べると、全く融通性が
ありません。

例えば、

 ブラウザを開け
 適当にリンクを飛べ
 '堀北’と名前のついた画像ファイルを保存
 上の2つを延々と繰り返せ


なんて私好みのプログラムを作ったとしましょう。

日本通の秘書さんに、上記を英語で指示して作業をしてもらったと
したら、見事に私好みの画像コレクションができあがる事でしょう。

ですが、これをパソコンさんにそのままやってもらうとなると
どうなるでしょうか。

ブログにアップされた私の家の3軒隣にある堀北さん家の
家族写真まで保存されてしまい、余計な画像で私のハードディクスは
溢れてしまうでしょう。

私は、ほぼ毎日、こんな融通の利かないパソコンさんと付き合って
いるので、曖昧ながらも心と心でコミュニケーションできる英語に
魅かれているのだと思います。

やはりコミュニケーションは、心と心。

目と目で通じ合う、そういう仲になりたいわ。♪

。。。ちょっと古い歌を思い出してしまいましたが、、、

そのプログラム言語の対極にあるのが、我が家内で使われている
言語です。

「あれ、やっといてね。」

究極の曖昧言語、かみさん語です。
# ちなみに上記かみさん語を日本語に翻訳すると、
# 『洗濯物を取り込んでおいて』になります。

夫婦もこれだけ長く一緒にいると、言葉もどんどんと曖昧になっていく
もので、日本語から離れ始め、私だけにしか理解できない言語になって
きているように思います。。。

・私のマルチリンガル履歴書(以下の言語に精通)

 日本語
 プログラム言語
 かみさん語


こんな、マルチリンガルは嫌だなぁ。。。 


--
いつもありがとうございます!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/08/16(土) 00:02:57|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
次のページ