英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

get to first base

そうそう、前回お伝えしたAERA Englishですが、付録の小冊子について
紹介するのを忘れておりました。

それはメジャーリーグで使われている単語をまとめた小冊子でした。
# AERAの読者って、あまりメジャーリーグに興味なさそうですが。。。

私も野球には、世間一般のお父さん並みに興味があるのですが、
まず英語ネイティブの方とメジャーリーグの話をする事はそうそう
ないだろうと思い、この小冊子は無視しておりました。

するとPodcastにおける大御所、大杉先生のCross Cultural Seminer
でも、なんと1回丸ごと、メジャーリーグで使われる表現が紹介されて
いたではないですか。


大杉正明のCross-Cultural Seminar 第85回


Podcastを聞き終わった後、あわてて小冊子を開いてみたら、番組で
紹介された表現と同じ表現がかなり載っているのですが、、、ぐ、、
偶然ですよね。。。

その中で当然、大杉先生が照れながら紹介したこんな表現まで、
両方で取り上げられてました。

 get to first base

球場外で日常的に使われている表現だそうですが、どのような意味か
分かりますか?

そうです。

 一塁まで行く⇒キスする。

という意味らしいです。

あまりこのブログでこういったネタを取りあえげる事は少なくて、
私もちょっとドキドキしてしまうのですが、小冊子の方には、さらに
発展した表現まで載っておりました。

 hit a home run

 ホームランを打つ⇒最後まで行っちゃう

だそうです。(ドキドキ。。。)

じゃあ、、、

 二塁や三塁に達した時はなんなんだ〜!!!!!

と叫びたいのですが、人格を疑われそうなので止めておきます。。。
(^^;

# 実際、get to second base, get to third base という
# 表現もあるみたいです。

で、何を言いたかったかというと、、、

こういった印象的な出来事(?)があると、そこにあった表現って
絶対忘れないですよね。

単語や表現を暗記したい時には、私は無理やり語呂合わせ等を用いて、
イベントチックに覚える事にしています。

暗記が苦手な方は、ただ丸暗記するのではなく、是非、何か自分の
暗記技を身につけて頑張って下さいね。

と、一応まとめになったかな。。。(^^;

----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/07/30(水) 23:33:05|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

AERAへの浮気

たび重なる励ましのコメントに鼓舞され、少しづつながらも本格的な
英語学習の再開を決意致しました。

決意とは言っても、これからも忙しい日々が続きますので、決意だけ
で終わらない様、

『まあできるだけ頑張ろう』

という程度の考えしかありませんが。

とりあえずその決意第1弾として、久々に新しい英語学習テキストを
購入する事にしました。

私が購入しようと本屋に向かった本は、これです。



ポンポン話すための瞬間英作文

私の大好きな瞬間英作文の3冊目という事で、中身もそんなに難しく
ないそうですし、リハビリにはもってこいの本でしょう。

# 1冊目の瞬間英作文はきちんとマスターしたのか?
# という問いかけは完全無視。

目的の本屋に入り、早速、英語学習コーナーにて、この本を探す私。

。。。が。見つかりません。

数日前には、この本屋で見かけていたのですが、あっという間に
売り切れてしまったのでしょうか。。。

気勢をそがれ、とぼとぼと帰ろうと思ったのですが、ふと、英語雑誌
コーナーのこの雑誌に、目をひかれてしまいました。



AERA English

気がつくと、レジでお金を払い購入しておりました。

決して、セレブ特集に心を惹かれたからではありません。

ふと、柔らかな雑誌を読みたくなっただけなのです。うんうん。

後、価格が安かった事も購入のきっかけの一つです。

500円ちょいというのは、失敗しても許されるレベルの金額ですね。

# 中を開いてみると英語関係の広告が多かったです。
# だから、この値段にできるのでしょうね。

それにしても、こういった英語の読み物系雑誌を買うのは何年
振りでしょう。

感想はというと、、、英語で成功した方の記事がいっぱいありました。

う〜ん、、、妬み、嫉妬の塊のような私には、ちょっと苦しいです。。。

「私もそんな風になりたい。
 よしっ。がんばるぞ!(はぁと)」


なんて、モチベーションをアップできる程のピュアさは私にはなく、
自分の心の狭さが嫌になります。

後は色々な学習法が紹介されており、そのさわりが紹介されている
のですが、学習法にはどっぷり浸かりたい方なので、数ページだけの
ために学習したいと思えないのです。←言い訳。

でも、ほんと気楽に読めますね。

CNN English Expressは能動的じゃないと読めないのですが、AERAは
ラジオ講座と同じく、受動的に読む事ができます。

う〜ん、ですが定期的に買うかと言えば、NOですね。。。

やはり私は、面白みもなく頑固なままにスタイルを保ったCNN EEが
好できす。

ちょっとAERAに浮気してしまってごめんなさい。

来月からまたCNN EEに戻りたいと思います。

----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/07/27(日) 22:36:20|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ブログ通信簿を試してみた

# 今日は英語と全く関係ないプチ更新で。。。

本日、yahooのニュースで、簡単にブログの通信簿が作成できる
サービスが提供された、との事でしたので、早速、このブログの
通信簿を作成してみました。

↓サービスはこちら

http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo.rb

通信簿は、ブログのURLを入れるだけという簡単な操作で
作成できてしまい、作成された通信簿がこれです。




う〜ん。。。

影響度が1というのは、確かにそうなんですが、ちょっとさみしい
ですね。。。

また、ブログ年齢が46歳というのはどういう事でしょう。。。

そんなに私のブログの文体は、司馬遼太郎のように格式高い文体
なのでしょうか。

って、いうか〜、、、てきとう?、チョベリバ〜って感じ?
ちょ〜、かったる〜。

よしっ。これで、3歳ぐらいはブログ年齢が下がったでしょう。

# そして意味なく顔文字。

まあ、年齢を気にしても仕方のないところですが。。。

それよりも気になるのは総合結果ですよ。

実生活でも目立たない方なのに、ブログでも目立たないと言われるとは、、、

『もっと目立ってもいいですよ。』と言われても、どのように
目立てば良いのでしょうか。。。

とりあえず、
色を毒々しくしてみました。

また、『翻訳家を目指せ』っていうのは何でしょう。。。

先生も冗談がお厳しいと言うかなんと言うか、、、

通信簿の進路指導欄には、まだまだ改善の余地有りですね。先生!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/07/25(金) 00:31:50|
  2. その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

本来の目的を思い出せ!

連休中、はっきり言って、全く英語の学習が出来ていません。

まあいつも通りといえばいつも通りなのですが、今回はまた特別で、
その学習が出来ない要因に、いつも違う要因が含まれているのです。

というのも、私の内部的からも英語を妨げる要因が発生してしまって
いるようなのです。

つまり、心理的に学習から遠ざかろうとする気持ちが出てきてしまって
隙間時間でさえ、集中する気持ちになれません。

こんな時は初心に返って、何故、私が英語の学習をしているかの理由を
思い出し、原点に戻る事が必要だと思いました。

私が何故、英語の学習をしているか、、、

やっぱり、サンフランシスコにもう一度訪れ、流暢に英語を使いたい、

という事だと思います。

今日は折角お越し頂いて申し訳ないのですが、この英語を学ぶ目的を
さらにブレークダウンし、ダメダメな私のやる気を起こしにつきあって
もらおうかと思います。


サンフランシスコで何をしたいか。。。


1.BARTに乗る。


BARTってご存知でしょうか。サンフランシスコと郊外を結ぶ
地下鉄のようなものだと思って頂ければOKです。

私は、このBARTに乗って毎日通勤していたのですが、駅名以外、
アナウンスを聞き取れた事が全くありません。

一度、途中の駅で何か異常が発生したらしく、乗客全員降りて
しまった事があり、私も一緒に降りたのですが、結局、何の
異常が発生したのかは、アナウンスが聞き取れないため、
分かりませんでした。

あの時の心細さを思えば、英語の学習にも身が入るというものです。

2.ナパのワインツアー


無謀にも、ナパバレーでワインツアーに申し込みました。

当然、ガイドは英語。

ぶどうの説明から始まって、ワインができるまでを教えてくれる
ツアーだったのですが、全く理解できませんでした。

たまに挟まれるジョークで笑うツアー客と、その笑いのタイミングを
逃さないように、何がおかしいのかも分からずとりあえず一緒に笑う私。

あの寂しさを思い起こせば、英語の学習にも身が入るというものです。

3.店員とのやりとり


サンフランシスコから帰る前、当然の如くかみさんからお土産を頼まれ、
あるブティック(死語か。。。)に入り、商品を物色していた時の事です。
# この話、以前にもしたかなぁ。。。

そんな私に、いかにもアメリカンなチアリーディングでもしていそうな
お姉さん店員が声をかけてきました。

「Hi!
 セクシーなのキュートなの、どっちが好きなの?」


店の真ん中で悩んでいた私に店員は、こう声をかけたのだと思いますが、
私は全く聞き取る事ができません。

あやふやな返事しかできない私に愛想を尽かし、大きなため息とともに、
店員はどこかへ行ってしまったのです。

私は事の時の屈辱を一生忘れないでしょう。

この時の屈辱を思えば、学習にも身が入るというものです。。。


これだけ書いていたら、むくむくとやる気が湧いて来ました。

関係ないですが、Maruichiラーメンも、もう一度食べたい!!

やはり夢のために、海外でペラペラと話す自分を実現するために、
頑張らなくてはいけないですよね!

。。。

でも、

でも、、、

機会なし。。。

お金もなし。。。

時間もなし。。。

これで本当にもう一度、海外に行けるのだろうか。。。

。。。

やっぱり夢は夢のままなのかな。。。。


----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/07/22(火) 23:25:58|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

記憶力低下

最近、記憶力の低下を頓に感じております。

元々私は記憶力に自信がない訳でなく、なかなか自分でもその減退を
認めたくなかったのですが、こう次から次へと動かぬ証拠が上がって
くると、しぶしぶながら、私も認めざるを得ません。

例えば、、、

 1時間前の自分で言った事を忘れる。
 
 数回前に書いたブログの内容を忘れ、同じような事を
 ブログに書いている。
 
 かみさんの出産予定日を忘れる。

等があげられます。

# 一番ダメージがでかかったのは、やはり最後の例でしょうか。
# あやうく家から追い出されそうになりました。。。

この状況は、

「私の頭の中に消しゴムがあるの。。。」


等とフカキョン風に言いたい所で、ちょっと不安なのですが、あの
話しほどは酷くなく、多分大丈夫なんじゃないかな、と思っています。

どうやら、年とともに短期記憶に情報が留まる時間が少なくなって
きているようです。

ただ、短期記憶が衰弱しても、英語を記憶していく領域は長期記憶
なので、英語学習に影響がない(筈)の所が救いですね。

私は、単語を覚えてもすぐに忘れてしまっては意味がないと思うので、
長期記憶で英単語を覚えられるよう、多読で自然に英単語を覚えようと
しています。

一応、なんとかその方法で、TOEIC800点が取れるだけの英単語力は
身につけられたかな、と思います。

ただ今回は、その長期記憶まで侵食されてきているように、ちょっと
だけ思います。

先程の例にはあげませんでしたが、偶然会った古い友人の名前が
出てこなくて、愕然とした事がありました。
# こういう時って、名前を覚えていない事を悟られないように
# 苦労するんですよね。
# 結局その場では分からずに、今も分かっていません。

そんな話しをかみさんとすると、どうしてもこう言われてしまう
んですよね。

「こうは、脳の記憶領域をほとんど英語に使っているんでしょ。」


「うぅ。。。」


反論できない所が辛い所です。

。。。人間もパソコンのようにメモリを増設できたら
良かったのに。。。(遠い目)

...と、現実逃避せずにきちんと考えないといけないですね。

とりあえずは、メモを活用するなり、日常生活でも、足りない
記憶領域を補助する努力を重ねてみます。

ただ、

「こんど予定日忘れたら、本当に外で寝てもらうからね。」


という言葉が、一番、記憶定着の特効薬なんですけどね。。。

----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/07/19(土) 00:57:18|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ