英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

英語でジョーク

英語を学習する時間が少ない現状ですが、相変わらず図書館で
英語の本を借り続けています。

今日は、

 自費で購入しても良いかも、

と久々に思えた本がありましたので、是非紹介させてください。


すぐに使える英語のジョーク150

先ずは皆様、これらの英文の意味がわかりますでしょうか。


 He took a bus home.

 She wanted the dress in the show window.

 I got a dog for my wife.



訳は当然。。。


 彼はバスを家に持ってきた。

 彼女はそのドレスをショーウィンドウの中に入れたかった。

 私は、妻と交換して犬を手に入れた。



となります。

一応、この本はジョークの本とされているのですが、上記のように
複数の意味に取れる文章のその意味の違いを楽しむような例も多く
非常に学習にも役立つと思いました。

例えば、他の本で学習している時に英文をみて、ひねくれればこうも
訳せるんじゃないかな、なんて思っても、本当にそう訳せるのかどうか
不安なままだったりするんですよね。

この本は、そんなひねくれ者の訳文がたくさん載っていて、自分自身、
すっきりとする事ができました。

この本では、やっぱりアメリカ人もそういった解釈をする事が
できるんだ、という事がわかっただけでもかなりの収穫です。

ジョークと言えば、前年度のビジネス英会話でも2週間に1度、
ジョークらしき英文を紹介してましたよね。

紹介されている文が私にとっては難しく、例文もラジオに流せる
ぐらいのおとなしいものだったので、ちょっと面白みはいまいち
でしたよね。

そんな方には是非、この本を見てみてもらいたいな、なんて思います。

最後にナンセンスな文章の引用を一つ。

なんか、光景を想像すると、思わず笑ってしまいました。

He locked his keys in his car and it took two hours for him
to get his wife and kids out of the car.


彼は鍵を車の中に閉じ込めてしまい、妻と子供を車から出すのに
2時間かかってしまった。


ん????


----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/06/30(月) 22:25:15|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

書き順

我が家の息子もいつの間にか小学校2年生となり、日々、漢字の
学習に励んでおります。

なんで、日本にはこんなにたくさんの漢字があるのだろうか。。。

なんて親である私まで思ってしまいますね。

ですが、その形を覚えるのが大変なだけではないのです。

そうです。書き順もきちんと覚えなくてはいけません。

まずは、



という漢字。

皆さんは第1画を縦・横のどちらから書き始めますか。

もし縦棒から書き始めたとしたら、かみさんと同じ、

 自分が間違っているに子供の頭をたたいてしまう事件、

を起こす素質があります。おめでとうございます。

正確な書き順だと上の字は横棒から書くのが正しいそうです。

また応用として、



という字も、最近、私とかみさんがずっと間違っていたという事が
わかった漢字でした。

こんどは縦棒が一番先で、そこから横棒を上から書いていくのが
正しいそうです。

いや〜、さすがに30年以上生きてきて、ずっと書き順を間違えた
ままというのも、お恥ずかしい限りです。

それではこの辺りで、我らが英語の話題に入りたいと思います。

当然、アルファベットの書き順の話しです。

あんな単純なアルファベットにも書き順なんてあるのかな、と
思ったら、、、きちんとあるんですね。

 形が単純なんで間違えようもないだろ、、、

なんて思っていたのですが、、、いましたいました。問題児が。



このアルファベット、縦線と横線、どちらを先に書きますか?

私の答えは。。

横線を先に書き、縦線、横線、という順番です!!


ブッブ〜、、、罰ゲーム行き。


なんと、違うんですね。。。『長』、の字と似たように、先に縦棒を
書いてから、横線をすべて書くのが正しいそうです。。。

アメリカ人は皆、この書き順を守っているのでしょうか。

ネット上に書き順のを教えてくれているページがあったので、
リンクをはっておきます。

http://www.nintendo.co.jp/ds/angj/qanda/write.html

んこのページの中で、気になる所がもう一個ありました。

vとwです。

今まで両方とも1画で連続して書いていましたが、斜めの線、
すべて上から書かないといけないんですか?

という事は、wは四画で書くのですね。

今、試しに自分のノートに書いてみたら、かなり書き辛いのですが。。。

まあ、筆記体で書けば問題ないんでしょうが、ブロック体を使っている
方々は皆、本当に四画で書いているんでしょうか???

もしそうなら、アルファベットの書き取り練習からやり直します。。。


う〜ん、、、アルファベットも深いですね。。。


----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/06/27(金) 23:54:05|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

言い訳かもしれませんが。。。

またまた、間隔が空いてしまいました。。。

というのも、最近は本当に物理的に忙しく、能動的に英語学習に
かける時間もほとんどなくなってきてしまって、ブログを書く時間も
ネタも枯渇気味なんです。

# 唯一、受動的な英語学習のラジオ講座は通勤時間に続けているので、
# なんとかレベルの低下は防がれているとは思いますが。。。

そんな忙しい時間は、私にとっての英語学習意義を強制的に
考えさせられます。

それは、

 私にとって英語学習は『手段』であって『目的』ではない

という事です。

もちろん英語を学習する事は楽しいですし、趣味:英語学習、とも
言えると思いますが、それが自身が目的ではなく夢への手段なのです。

私の夢を端的に書くと、

 海外でショートステイする事(仕事・プライベート問わず)

なので、その機会を得る為に英語を学習しているのです。

じゃあ、逆に私の目的は何かというと、これは『結婚生活』という
人生の墓場に入ってしまった以上、家庭を守る事が目的でしょう。

私の大学時代の友人に、
 
 常に人生の目的を考えて生きるべきだ、

と、私に日常的に説いていた宗教がかった人がいたのですが、
この歳にして、私は人生の目的を見つけてしまいました。

今現在、その目的を脅かす外的要因が色々と現れているので、ちょっと
英語学習もお休み気味にしなくてはいけないかな、、、という所です。

そんな訳で、少なくとも上半期は不定期な更新が続くかもしれませんが、
更新されていなくても、懲りずに来て頂けると本当にうれしいです。

逆にこういった時に、どうやって学習時間を取っていくのか、なんかも
書けたらな、なんて思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/06/24(火) 23:34:46|
  2. 日常(非英語)|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ターニングポイントか?

いつもと変わらぬ平日の朝。

疲れで重くなった体を引きずり、いつも通り会社に出社した時の事です。

いつもと変わらぬルーチンワークのメール取り込みを行なった所、
ふと、かわったタイトルのメールが受信されていました。

そのメールの本文にはこう書かれていたのです。

 私どもは、xxというリクルーティング会社です。

 今回御連絡させて頂いたのは、こう様にある会社のポジションを
 ご紹介させて頂きたいからです。

 是非、お時間をとって、お話しを聞いて頂けませんでしょうか。


スカウトメール キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

パッと見ると、怪しいメールのように思われるかもしれませんが、
私のいる業界は人の入れ替わりが激しく、こういったメールを
受け取る事も、そう珍しくはないのです。

実際、私も何度か受け取った事があります。

そんなメールに最初のうちは、律儀に断りのメールを出していたの
ですが、最近は面倒で、返事さえも出さなくなってしまいました。

そうです。私はこういった引き抜き系の話しは、門前払いしているのです。

その理由には、こんな理由があります。

 ・他の人が思っている程、私の技術スキルは高くない。
 ・今の会社の給料に不満はない。
 ・今の会社はぬるま湯で、あまり厳しくない。
 ・ローンの審査は、今の会社に勤めているからこそ通った。
 ・職場にかわいい女の子が多い。

。。。最後のは冗談です。。。

とまあ、総合的に考えて、今の会社に愛着があるわけでもないの
ですが、敢えて冒険の世界へ飛び出す(byディズニー)必要もないかな、
という考えで、、、、

、、、、、、した。今日までは。

実は、今日になってこのメールにほんの少しだけ、心を揺らされて
いるんです。

その理由はというと、

 今の会社にいても、英語を使う機会に恵まれなさそう。

なんです。

数年ほど前、サンフランシスコに出張に行かさせてもらいましたが、
あれはラッキーが重なって実現されたものでした。

今の仕事は、英語とは全くもって縁遠く、英語のえの字もありません。

 このまま今の仕事を続けるよりも、外資系の会社に入って、
 仕事で英語を使えたらどんなに楽しいだろうか。。。

なんて事をちょっとだけ夢見てしまっています。

 話しだけ聞いてみようかな。。。

なんて思っているのですが、未だ悩み中です。。。

外資系で、ブロンド美女にも出会えそうだし。。。(←やっぱりそれ?)


----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/06/19(木) 00:25:15|
  2. その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

husband禁止令

本日もさらに、図書館で借りてきた本のレビューです。

タイトル:「アメリカ人は英語で考える」(イメージがないのでリンクで)

当たり前と言えば当たり前ですが、ちょっとひねったタイトルですね。

英語という言語から、日本人からは思いもよらないアメリカ人の
考え方や行動様式がまとめられていて、なかなか面白い本でした。

例えば、thinkは『思う』という訳語では表せない程、深く考える
事である、とか、goodは『良い』ではなくて『』なんだ、とか、
power
は日本人が考えているよりももっと幅広い力である、とか、
始めて知った事も多く、興味深く読み進める事ができました。

その中で、興味をもった単語が1つ。

husband


』という単語ですが、皆様はこの単語の語源、想像つきますか?

なんと、housebandする人だから、husbandなんだそうです。

アメリカでは家計を預かり、その家庭の財政を締める(band)のは夫の
役目だそうです。
だから、『家を締める人』=『』という事になるそうです。

一方、我が家はというと、私が締めるというより、絞められそう
ですね。(どこを?)

もしくは、家の扉を『閉められてしまう』husbandなんでしょう。。。

またさらにこの本によると、アメリカの夫は家計を担当するかわりに、
家族サービスは必ず欠かさないそうです。

家族サービスを疎かにし、家計を自分の楽しみだけに使ったとしたら、
それはアメリカでは離婚沙汰だそうです。

この点、家族サービスなら私もアメリカ人に負けないので、
今すぐにでもアメリカに移住できそうです!

毎週週末にはIKEAにでも行って、DIYでもしましょうか。

それとも、毎日近所の人を呼んでバーベキューですか。

う〜ん、、、夢が広がるな〜!

ところで、husbandの語源がhouseをbandする人なら、wife(妻)の
語源は何なんでしょうね。

短い単語なので、なかなか難しいですが、私が考えた所、

 wise

という結論に達しました。

賢い人』=『』という経験則から、wifeという単語が派生
したのではないか、と私は推測します。

と、全国の結婚されている女性の方によいしょをしつつ、本日の
ブログのまとめに入りたいと思います。

つまり、日本でhouseをbandしている人は少ないので、日本で
husbandという単語を使うのは止めましょう、と、そういう事です。

そこで私は新提案します。

日本の尻に敷かれている夫の事は、

house
looseするという意味で、huslooseなんて単語で呼ぶ事は
如何でしょう。
# この単語はハズルースと読みましょう。
# (なんかハリポタの登場人物に出てきそうな名前だな。。。)

husloose


ハズルース


この言葉をルー大柴さんに広めてもらい、その後、流行語大賞を
目指します。(本気です)

皆さんも、ご近所さんとの会話で、

「うちのhuslooseがね。・・・」


などと使って下さい。
# ひかれてしまっても責任は持てませんが。。。

そんな訳で今後、家計を握っていない旦那さんにhusbandという言葉を
使うのは禁止ですからね。絶対ですよ。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/06/16(月) 00:55:28|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
次のページ