英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

ビーゴ修了

ふぅ。ようやくブログを更新する事ができました。

一旦、楽をすると体がいう事をきかないですね。

最近、かみさんが寝る時間もどんどんと遅くなり、英語学習もブログも
できないまま、いつの間にか睡眠の世界に誘われておりました。

体は随分と楽になったので、そろそろ夜の学習も再開していかないと、、、
なんて思っています。

そんな訳でブログを更新できなかった先日、ようやく子供が、
ベネッセの子供向け英語教材Be-Go(ビーゴ)を終わらせる事ができました。

今我が家には、ビーゴを全部終わらせた人に届く世界のコインセットが
あります。

# 個人的には、世界のお札セットがほしかったのですが。。。(^^;

未だにビーゴで検索してきてくれている方々も多いことですし、
今日はこのビーゴについてのまとめレビューを書きたいな、と思います。

先ずは統括的な感想を述べさせて頂くと、子供の英語の導入としては
悪くはなかったのではないでしょうか。

本当に教材は良く出来ていて、文句の付け所がないですし、子供も
飽きずに続ける事ができました。

私の仕事では費用対効果という単語が良くでてくるのですが、この
ビーゴにもこの言葉を当てはめるとすると、、、
よく分かりません。(^^;

これだけの量で、英語が話せるようになるとは思ってはおらず、
日常的に何かフレーズが出てきてくれればな、と思っていたのですが、
全く出てこないようです。。。

今回のビーゴは、英語の実力をつけるというよりも、英語に触れて
もらって、英語というものを分かってもらう事が目的ですね。

私のように、学生時代に英語を嫌いにならずに、好きになって
もらえればな、なんて思います。

# それだけの為だったら、ちょっと高かったかな。。。(^^;

お金に余裕があって、広い心で子供を見られるのなら、
お勧めしたいとます。

# 私も狭い心を持っているのですが。。。

もう一つ注意。

ビーゴの1セットが終わったのですが、ベネッセに連絡しないと、
自動的に次の教材が送られてくるそうです。

# 我が家も問い合わせて分かりました。

ベネッセ恐るべし。。。

----
↓いつもありがとうございます!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/06/02(月) 23:49:30|
  2. Be-Go|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

BE-GOその後

今日は久々に、ベネッセのBE-GO(ビーゴ)の話でも。

正直に言うと全6巻の内、3巻目ぐらいで子供はきっと飽きてしまうと
思っていたのですが、現在4巻目を楽しんでいるそうです。

私が3巻で飽きるのではないかと思った理由ですが、ガイドを見る限り、
3巻辺りからエンタメ性が薄くなり、お手本通りに発音しなくていけない
など、教育性が高くなるように思えたからです。

ですが、4巻まで続いているという事で、ちょこっと中身を見せてもらった所、
BE-GO独特のエンターテインメント性は損なわれていなさそうで、これなら
子供も最後まで続けられそうです。

後は、子供の英語が進化したかどうかですが、、、これだけ英語漬けに
されていれば、英語の苦手意識はなくなりそうですね、というのが正直な
所でしょうか。

実は、うちの子供はまだアルファベットやローマ字を読む事ができないのですが、
画面で失敗した人に向かって、That's OK!!なんて話す事ができたりします。

これだけ色々な英語を聞かされたり言わされたりしているので、少しでもその
言葉を覚えておいてもらって、将来、外人とコミュニケーションを取る時に、
その言葉を記憶の片隅から取り出してもらえれば、出資した甲斐もあるのかな、
なんて思います。

最後にBE-GOに苦言を1つ。

発音を診断してくれるのですが、認識にばらつきがあるように思います。

子供が適当に発音してもOKが出る時もあるかと思えば、異常に発音に厳しい
時もあります。

また、発音の悪かった所を指摘してもらえればパーフェクトだったのに惜しいです。

まあ、子供が楽しんでいるので良しとしますか。

それにしても、解約金を当てにしていたのに子供が飽きないとは、一生の不覚。。。


明日からまた節制しなくては。。。。


----
↓いつもありがとうございます!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2008/01/22(火) 00:35:33|
  2. Be-Go|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Be-Go届きました

先日、紹介したベネッセのBe-Go(ビーゴ)ですが、早速、我が家に教材が
やってきました。

とりあえずパソコンにインストールし、一通り中身を試してみたのですが、
この内容で1教材が5000円っていうのは、やはりちょっと高いですね。

各英語のゲームは本当によくできていると思うのですが、その値段に
見合うだけの量がないように思いました。

# まあ、小学生向けの教材なので、あまり量がありすぎてもこなせない
# とは思いますが。。。

そんな教材の中で、私が楽しみにしていたのは、ヘッドマイクを使い、
パソコン上のキャラクターに英語で命令するゲームです。

そのゲームは、主人公の犬みたいなキャラが冒険するゲームで、行く手に
現れる様々な障害を、ユーザに指示によって乗り越えさせるゲームです。

早速、やってみました。

パソコン上のウィンドウにおいて、横スクロールの画面が表示され、
主人公の目の前には大きな池が現れています。

学習者は、彼に行動を命令しなくてはなりません。

「Swim!!」


「OK!!」


その言葉を受け、池を泳ぎはじめる主人公。

# かなりワイルドです。

# また、一応ヒントとして、画面上に言うべき言葉が三択で表示されています。

次に、主人公の目の前に泥の沼地のようなものが現れました。

この場合、何故かわかりませんが、「crawl(はって進む)」が正解なのです。

私は意気揚々と発音しました。


「Crawl!!」



。。。(しばらくの沈黙)


「Pardon?」


(`Д´) ムキー!



解析しているのでしょうけど、時間をおいて、コンピュータに聞き返されると
何故だか、腹がたちますね。

他の単語はだいたい聞き取れてくれるのに、何故かこの単語だけ、認識率が
よろしくないんですよ。

# ちなみに、「orange」を「おれんち」と日本語で答えても、「OK!!」
# と答えてくれるし、認識ロジックがよくわかりません。

そんな訳で、今の所、楽しく遊んでいます。

製作元がベネッセなので、一応、子供を飽きさせないような仕組みには
なっているので、その辺りは安心です。

後、このBe-GOに関して最近知った事は、徹底トレーニング英会話のジュリア
さんが、このBe-GOのお手本の声を担当していることです。

# NHKテキストのジュリアさんのプロフィールに書かれているので、お持ちの
# 方は確認してみてください。

そう思って聞いてみても同じ声に聞こえないのは、不思議ですね。

後、大人用のBe-Goもあるらしいですが、全く食指が伸びません。

発音を診断してくれるかもしれないですが、発音よりも先ずは、英語を
まともに話せるようになりたいですね。

そんな訳で、Be-Goの簡単な感想をまとめると、やはり高いです。

これが1教材2000円〜3000円であれば、お子さんをお持ちの方に
お勧めできるのですが、おしいですね。

----
↓いつも感謝です!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2007/12/02(日) 23:54:03|
  2. Be-Go|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2