英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

仕事の悩み

「ただいま。」

「おかえりなさい。
 あのね、相談があるの。長男君の事なんだけど、、」


「家の事はお前に任せる、と言った筈だが。」

「そうだけど。お父さんの意見も、、」

「お前に任せると行っただろ。
 お前で考えてくれ。」


「でも。。」

「わるいが、仕事で疲れてるんだ。
 また今度にしてくれ。」


「。。。分かりました。。。」

こんなドラマのような会話が交わされる家庭は、あるのでしょうか。。

とりあえず、我が家では、私の仕事がピークに達していて、
24時間、頭の中は、仕事で一杯です。
# いわゆる、中間管理職って、感じです。。

そんな仕事でフル活動して帰ってきた私に、家の事を
聞かれても、まっとうな返事ができますでしょうか!!

とはいえ、このような会話を我が家で交わすなど、とても
恐ろしくてできません。

なんとか、仕事を頭の隅においやり、かみさんの話を
真剣に聞くのですが、脳みそは疲労困憊です。。

はい。分かってます。
勝手な、男の言い分ですよね。
世の中の、お母さん方を敵に回しているような気がしますが、
言いたいだけ言っちゃいます。

ただ、お母さん方が悪いわけではないんですよね。

ほこ×たて
10年に一度の台風×社畜 の出社対決!!

などと揶揄されるぐらいに会社に貢献する事が求められる
日本の社会が間違えているように思います。

勤勉なのは良い事だと思いますが、家庭やプライベートを
犠牲にしてまで仕事をする事は、やはり、おかしい事なのでは
ないでしょうか。

こんな話題は、いろいろな所で問題提起されていると思いますが、
この問題で一番影響が大きいのは、恐妻家なんです!!

とりあえず賃上げより、ワークライフバランスをどうにか
してもらえないですかね。首相さん。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/10/22(火) 00:55:15|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

言葉

早いもので、この9月でこのブログも6回目の誕生日を迎えました。

この間、私の人生においても様々な出来事があり、ブログを
休止していた期間もありましたが、これだけ長い間、続けて
こられたのも、月並みではありますが、訪問して頂いている
皆様のおかげです。
# 最近はまた、何故だかアクセス数が伸びている傾向にあり、
# うれしい限りです。

最近は、あまりネタもなく、自分としては納得のいくブログが
書けていないのですが、引き続き、このペースで続けて
いきますので、引き続き、ブログ共々、宜しくお願い致します。

と、6回目の誕生日の更新ですが、久々に、恐妻カテゴリの
更新です。

先日、妻と会話中、ふとした事から、こんなやりとりが
ありました。

「こう。
 毎日作っている夕飯で、なんか意見とかある?」


「う〜ん。。。」

「なんでもいいけど。」

「そうだなぁ。。。
 カレーは、飽きたかな。」


「。。。本当?、、、最悪。。。
 カレーは、主婦が献立に困った時に作る料理なのに、
 そんな事言われたら、もう作れないじゃん。」


「えっ。。。。」

「それに、カレーは、子供達が喜んで野菜を食べてくれる
 料理なのに、こうはそれを否定するの?」


「。。。そんなつもりじゃ。。。」

「一応、同じカレーでもルーを変えたり、
 具材を変えたり、いろいろやってんだよ。
 こうは、それを全否定するってこと?」


「。。。だから、そんなつもりじゃ。。。」

「飽きた、ってそういう事じゃん。
 そもそも、、、


(以下、このやりとりは1時間続く。。)

本当、言葉って恐ろしいですね。

私が無神経だったのかもしれませんが、夕食について
何らかの意見を求められて、ちょっと軽く意見を
言ったつもりが、非常に重い発言になってしまいました。

言葉の捕らえ方って、本当に人それぞれで、私のかみさんは
言葉を重く捕らえるほうで、私はコミュ障な事もあって
軽く捕らえるほうなので、私の軽い言葉を重く捕られない様、
気をつけてはいるのですが、それでも、こういった事が
ままあります。

言葉を重く捕らえるかみさんは、人の言葉に傷つきやすく、
人とのコミュニケーションで落ち込む事も多いのですが、
その分、人と深い付き合いが出来ているように思います。
(私は全く、その逆ですね)

これは私の偏見が入っているのかもしれませんが、言葉の重み、
発言の重みという意味では、英語圏も非常に重いと思います。

英語圏では、常に発言した内容に関しては、責任が求められ、
「あれは、冗談なのに。。。」なんて、言い訳は、きかない
のではないでしょうか。
(日本では、英語圏に比べれば、その辺りがまだ、ゆるいような
気がしています)

私自身、つい軽い無責任な事を言ってしまいがちなので、
仕事では重々気をつけているのですが、家庭内でも、
もっと気をつけないといけないですかね。。。

英語を学習し始めて長いですが、なかなか言葉の重みは
変えられないですね。。

これからも意識は持ち続け、少しづつでも、自分を変えられたら、
と、思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/09/28(土) 00:31:18|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

単純労働

いや〜、すみません。
今日は、仕事の愚痴からでいいですか?

この歳になってくると、中間管理職というかなんというか、、
上からは管理の仕事が降ってくるし、下の子に作業をふるのも
下手なので、結局自分で現場作業をしてしまうし、

鬱まっしぐら、、

な、感じがしてます。。

まぁ、転職前の仕事場とは違って、人間関係に悩みはないので、
なんとかやっていけてます。

「あの山を越えれば、きっと海が見える!!」

小学校の教科書で、こんな小説(?)を読んだ事があり、
私も、仕事の山を迎える度に、この山を越えれば、きっと
楽になれる!、と頑張っているのですが、山を越えると、
次の山がすぐに見えてしまいます。

実は、この大陸には海は無くて、ずっと山だらけなのでは
ないかと思うのですが、とりあえず、海があるのを信じて、
山を越え続けるのみです。

そんな大変な仕事なのですが、仕事に対する価値観が
私とかみさんでは、かなり違っているのが、面白い所です。

私はあくまで生活の糧を稼ぐのが仕事で、かみさんは、
仕事は自己実現だそうです。

正直な所、私は十分なお金さえもらえれば、どんな単調な
仕事でも構いません。

極端な例で言うと、ベルトコンベアーの前で1日中、
流れてくる魚の向きを変える仕事でも、耐える自信が
あります。

かみさんは、自分自身もそういった仕事は耐えられないし、
私にもきっと耐えられないだろうと言うのですが、
私は単調な時間を耐えるのは、得意なのです。

長時間待つのも得意ですし、単調作業を長時間行うのも
得意なので、もう少し単調な仕事の業界に就職すれば
よかったとも思うのですが、後の祭りですよね。。

英語を使う機会がある仕事に恵まれたのは、幸せな事だと
思うので、また明日からも頑張ります!

そんな、大変な仕事、、、その分、家庭で楽ができるかというと、、、
かみさんが働き始めてから、それもおかしくなりました。。

かみさんが、家に仕事の続きを持ち帰るようになったのです。

「こう。私、仕事が残ってるから、
 新聞やダンボール束ねておいてね。
 男の仕事でしょ。」


会社の仕事を家庭に持ち帰るな!!

とは、女性のセリフのような気がするのですが、我が家では、
いつもながらに逆転しているようです。。
(もとからずっと私の仕事だったような気もしますが。。)

「ダンボール終わったら、
 女の仕事もよろしくね。」


そういって、キッチンを指すかみさん。

性別が逆転しているというか、私が両方の性別を持って
しまっているようです。。

粛々と、食洗器に食器をつめる私。

一応、信仰の自由が認められている世の中なので、
私が今、もし独身で婚活をしたら、もっと自由な
生活のできる人と結婚できただろうなぁ、、、と
夢見るのは自由ですよね。。。

と、今日はなんか、ここまで愚痴だけで書いてきてしまいました。。

本当は、ピポンザABCについて書きたかったのですが、
なぜ、こんな内容になってしまったのでしょう。。

今日は、月曜なので、ピポンザは週末の更新にして、
今日はこの辺りで筆を置かさせて頂きたいと思います。

次回こそ、英語絡みで更新を!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/09/10(火) 01:22:24|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

強制・自由

私が贔屓にしているPodcast、EnglishPod 101

なんと講座の講師が、今までのhirokoさんからnatsukoさんに
変わっていました。。

だいぶ前に書いたと思うのですが、このhirokoさんは、
歴代トップ3に入るぐらい私好みの声で、この声を聴きたいが
ために、このPodcastをsubscribeしてようなものです。

これでこのPodcastも私のiPodのリストから消える事に
なりました。。
(Podcastの中身自体は悪くないですよ。←一応フォロー)

ちょっと皆様にお聞きしたいのですが、英語の音声って、
子音がはっきり発音されていたり、強弱がはっきりしていたり、
「かっこいい」「クール」系のイメージを持っていませんか?

私もそんなイメージを持っている一人なのですが、そんな
「かっこいい」系の英語の発音を、「萌え〜(死語)」系な人が
発声すると、なんか、そのギャップに魅かれてしまいます。

そんな人でも、かっこよく聞こえるので、いい意味で言うと、
「自分も、こんな風に英語をしゃべれるようになりたい。」
と、思いが新たになりますし、悪い意味で言うと、
「hirokoたん、、ハァハァ。。」
という感じでしょうか。

そんな萌え声とは無縁の、我がかみさん。

今日も、いつものように、中1の長男への叱り声が
家中(というか家の外にも)響いています。

怒られている内容は、以前は、忘れ物などのうっかり系が
多かったのですが、最近は、勉強を全くしない事ばかり
で怒られています。

本人いわく、まったくやる気が起こらない、体が動かない、
と言い訳しているようですが、多少、私もその気持ちが分かる
だけに、複雑な思いです。

私の英語学習もどうしても、学習したくない日もありますし、
1週間、全くやる気が起こらない週もあります。

私の英語学習は強制ではないので、やる気がでるまで待ち、
やる気が出たら、ちょっと頑張ればよいので、気楽な学習
ライフをすごす事ができます。

ただ、長男の場合は、学校の宿題に塾の宿題、そして部活。

毎日のように繰り返されるその重荷に、夏休みが加わって、
精神的に重くなってしまったのでしょう。

とはいえ、皆それを乗り越えて大人になってきている訳ですから、
長男君にもそれを乗り越えてもらわないといけません。

本人もやらなくてはいけない事は理解しているようなので、
追い詰めることなく、様子を見てあげられれば、と思っています。

う〜ん、そんな長男の態度を見つつ、自分自身、こんなに自由に
英語学習ができる環境にあることに、ちょっと感謝した最近でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/08/31(土) 01:24:22|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Bon Dance

「暇すぎ!!!!」


世間一般では、今週はお盆という期間だったようですが、
私の仕事にそのような期間はなく、通常通り(むしろ
通常より忙しい)仕事をしていました。

かみさんはというと、仕事も休み、子供絡みのイベントもなく、
また、ママ友も皆、実家に帰っているという事で、
一緒に遊ぶ人もおらず、冒頭の叫びとなった次第です。

「どこいっても込んでいるから、出かけたくもないし、
 それに、皆家族連れで遊びに来ているのから、
 うちだけ母子家庭みたいじゃん。」


う〜ん、家で暇しているよりかは良いように思うのですが、
なかなか難しいですね。

「このまえ、ショッピングモールで、うちと同じように、
 子供とママだけで遊びに来ているママ友と会ったら、
 『お願いだから、一日ぐらい休ませてくれ、、』って
 パパに言われたんだって!」


い、言いたい。

「うちでそう言ったらどうなるの。」

「それ聞く?」

「えっ?」

「もう答えは、分かっているでしょ。」

「。。。はい、質問を取り下げます。議長。」

「よろしい。」

ほんと、子供の頃は、漠然と大人になって家庭を持ったら、
休日は家族サービスをしつつも、ごろごろ出来るものだと
思っていたのですが、現実はそう甘くはないようです。

そんなわけで、英語学習も再開しておりますが、
ぼちぼちといった所です。

仕事が忙しすぎて、(というか、盆休みを取得している
人の仕事までしなくてはいけなくて、、、)、今週は
あまり英語学習が出来ませんでした。

それにしても、朝のNHK英語講座も再開しようと
思っているのですが、なかなか早起きできないですね。

これはきっと会社のフレックス出社制度がいけないのです。
私は悪くありません!!

フレックス制度だと、ほんと何時に会社に出社しても
良いので、朝の早い時間に起きれません。
まったく困った制度を作ってくれたものです。激おこプン(以下省略。。)

なので、なんとなくなのですが、英語学習スタイルを
ガラッと変えたいな、と思っています。
(来年にベガス出張もありますし)

とりあえず、今日はすべての仕事を投げ出し、早く
帰宅できたので、今の時間から、夜のラジオ講座を
聞くとしますか。。

「こう!、、早く食洗機に食器入れて!!」

(以下の落ちの文章も省略。。)


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/08/16(金) 22:42:37|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ