英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

久々のレビュー

もう皆さんお忘れでしょうが、このブログは、一応、
日本ブログ村の英語カテゴリにおいて、英語学習記録の
ランキングに参加していたりします。

このランキングには、このブログを書き始めた頃から参加し、
一時は2位まで順位を上げた事もあるのですが、現状は
下から数えた方が 早いほどの順位になっています。
(今見てみたら、138位でした)

ここ最近、英語学習を中断してたり、英語と関係のない書き込み
ばかりしていて、このランキングに参加している事自体が
申し訳ない気もするのですが、私は、この英語学習記録の
カテゴリが大好きなのです。

私とは違い、長く英語学習記録をブログで報告している人、
新しくブログを始めたものの数回で学習記録が途絶えている人、
思い出したように更新しては、何度も学習をやり直している人、
何故か、更新回数よりもアフィリエイトの数が多い人、

そんな十人十色の英語学習が思い思いに綴られていて、
このランキングに参加しているだけで、私も英語学習を
頑張れるような気がするのです。

このブログもお約束していた英語学習休止期間を過ぎましたし、
ラジオやPodcastだけでなく、そろそろ本格的な英語学習を
再開する必要がありますね。

そんな本格的な英語学習再開の第一弾として、この本を
購入致しました。

・英会話ペラペラビジネス100



この本を選んだ理由は、というと、

 私に仕事で海外出張の計画がある
 amazonでのレビューが高い

という、実に積極的で主体的な理由です。

実は買ってから気づいたのですが、この本の著者の
スティーブ・ソレイシィさんって『英会話タイムトライアル』の
講師だったんですね!(←気づくの遅すぎですね。。)

『英会話タイムトライアル』は、アシスタントのジェニーさんの
声が素敵すぎて、講師は完全ノーマークでした。
(それにしてもジェニーさんの過去の経歴の
 東京ディズニーシーって 何をやっていたんでしょう。
 まさか、アリエルだとか。。)

で。

この本のレビューなんですが、まず、この本を開くと
赤い透明のシートが入っています。

この赤い透明のシートは、このシートを通して女性を見てみると
着ている服が透けて見える
、、のではなく、あの赤く書かれた文字が
消える例のシートですね。

これ、個人的にはあまり好きではないですね。。

電車の中で本を開いた時に気を付けないとシートが落ちますし、
(何度も経験済み)、何より浪人時に使用していた単語帳も、
この赤文字、赤シート方式でしたし。

この赤シートを使っていると、その暗黒の浪人時代の
どんよりとした気分が蘇ってきて、なんともいえない
気分になってきます。。

あの頃は、赤い文字の英単語が、血文字に見えたものです。。

。。いかん。いかん。私の黒歴史は置いておいて、この本の
レビューをしなくてはいけません。

本の中身については、Amazonのレビュー通りの良い本だと
思います。

パッと見、少々簡単そうな英文が並んでいるように見えますが、
文章が考えられていて、これらの文章を使いこなせれば、
他の様々な文章に応用できそうです。

この本で練習を重ねていけば、確実にビジネス英語のスキルを
向上させられる事でしょう。

ただ一つ、大きな問題点があります。

それは、一週間前に購入してから、全部で100章あるうちの
1章しか学習していないこの私が、この本を、こんな風に
偉そうにレビューをして良いのかどうか、という点です。。

。。。すみません。。来週までには必ず半分ぐらいは。。

。。。

本当に私のブログは、英語学習記録のカテゴリにいて
いいのでしょうか。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/05/11(土) 01:15:56|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

本棚公開

世間一般は、お盆の期間だとは思いますが、私の会社には
お盆休みという制度がなく、いつも通りに会社に通っています。

本日は、久々に写真を載せてみたくなったので、いくつか
写真を撮ってブログに載せてみます。

以前、本棚に並んでいる本でその人の教養が分かる、という
記事を読んだ事があるような気がするのですが、今日は、
私の英語学習本が並んでいる本棚を紹介し、皆さんに私の
教養を判断して頂きましょう。

まずは1枚目。

本棚というより、カラーボックスなのですが。。。



ちょっと並べ方がきたないですね。。。

前の本で隠れている所にはNHKのテキストが入っています。

カバーがかかっている本は、ヒルキさんのTOEIC対策本です。

後は、このブログでもレビューした本がちらほら。。。

また、かみさんが嫁入り道具としてもってきた本もいくつか
混ざっています。

そして、この棚の下の棚を紹介します。



右側のオレンジの箱には、かみさんと学習した英語教材
一式が入っています。

もう何年も中身を見た事がないので、コビトさんが住み着いて
いるかもしれません。

その下にCNN English Expressの捨てられない号が置いてあり、
その下の家庭の医学は、私の棚に侵略してきました。

一度、このブログで、学習本が多すぎるとかみさんに怒られた
ネタを書いた事があったかと思いますが、減らして、これぐらいの
量になっています。
# 実は、様々な箇所にこっそり他の学習本も置いてあるんですけどね。

んっ。こっそり?

なんか一枚目の写真に、あってはいけない本が写っていたような。。。

再度、アップしてみましょう。。。



あれれ。。。前々回のブログで購入できなかった、と、
報告した本があるじゃないですか。。。

。。。

言えない。。。つい昨日、別な本屋で見つけて、購入して
しまったなんて。。。

レビューは、、、思っていたよりも中身が赤裸々すぎて、
ちょっとできなさそうです。。。(/。\)テレッ

なんか、教養を計る以前の問題ですね。。。


# 気になる本があれば、レビュー致します。


----
↓久々につけてみました。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/08/12(木) 01:13:09|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

Podcastとポルノ?

最近、いつでもどこでも気楽に英語学習ができるという事で、
Podcastによる英語学習ばかりしています。

その中でも、最も関心したPodcastがこちらです。

English Upgrader
http://www.toeic.or.jp/square/basic/podcast/

TOEIC協会が提供しているだけあって、番組内容に全く隙がなく、
内容に文句のつけようがありません。

。。。と、紹介した所まではいいのですが、今サイトを確認して
みたら、もう最終回になってしまっているじゃないですか。。。

とりあえず、ホームページからも内容を聞けるみたいなので、
皆さんにお勧めしておきます。

尚、この番組のスキットの発話スピードはゆっくりめで、
ネイティブスピードの講座ばかり聴いていた私には、非常に
心地よいスピードでした。

それではもう一点、次は英語学習本のご紹介を。

先日、駅ナカの本屋の語学コーナーをぶらついていたら、
この本が中央の特等席に平積みになっていました。


中学英語でアメリカン・ポルノが読める―楽しみながら英語力が身につく本

本のカバーには、安河内先生の推薦文がまかれており、何か
大々的に推薦されているようです。

私はこの平積みになった本を見て、ふと思いました。

これはブログのネタになる!

決して、邪な思いから興味を持った訳ではないですよ。決して。。。

これは是非、立ち読みにて、中身を確かめるしかありません!

ですが、さっきから、隣で若いお姉さん何らかの本を探し続けて
います。

ジェントルマンの私にすれば、そのような低俗な本を手に取って
いる所を見られる訳にはいきません。

。。。諦めました。

そうだ、そのままレジに持って行ってしまえばいいじゃないか。

でも、ふと見ると、レジの子が、さらに若い女の子でした。

はい。。。諦めました。

なんか、自分がエロ本を買おうとしている中学生男子のようです。

という訳で現在、私の手元にこの本はありません。

従いましてレビューもできません。

ただ、Amazonの評価も良いみたいなので、入手してみようかな。。。

はっ。

べっ、別にこの本の事が気になってる訳じゃないからねっ。

ねっ、ネタの為に付き合ってあげてるだけなんだからっ。
(ツンデレ風)
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2010/07/24(土) 01:11:07|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

『ダーリンの頭ン中 英語と語学』

先日、子供と久々に図書館に行き、本を色々と借りてきました。
今日は、久々に英語関連本の紹介をしたいと思います。

まずはこれ。



『トイレから考えよう もしもトイレがなかったら』


。。。間違えました。この本は子供が借りた本でした。。。

本当はこっち。




『ダーリンの頭ン中 英語と語学』


筆者の方は、『ダーリンは外国人』等で有名ですので、皆さん
ご存じではないでしょうか。

私も、『英語でしゃべらナイト』でトニーさんが出演された回を
見てましたし、この方の絵もよく見かけてましたので、図書館の
棚でこの本を見つけた時は思わず手にとってしまいました。

内容はというと、言語学に造形の深いトニーさんの知識を
易しくマンガで紹介していて、漫画でただ楽しみたい方も、
言語学をちょっとかじりたい方にも、両方の方にお勧めの
内容となっています。

元々、私も言語学には興味があって、特に英語を学ぶように
なってからは、日本語の仕組みに異常に興味を示してしまいます。

どこかで聞いた話で、日本語を数ヶ月でマスターした外国の方が、

「母音が5つしかない言語なんて簡単だよ。」

と言ってた事があったそうです。

確かに、英語の母音の細かな違いに悩む私にとっては、発音に
苦しむ度に、心に思い起こされる言葉です。

そんな私ですから、この本で紹介されているトニーさんの
日本語に対する考察には、惹きつけられてばかりでした。

特に、

 日本語の『ん』の発音は5種類もある、

とか、

 日本語にもリエゾンがある、

とかには、目から鱗が落ちました。

ボリュームはそれほどないですが、価格も高くないし、購入
されても、公開はしないかと思います。
# 私は図書館で借りましたが。。。

それにしても、国際結婚って、今の英語を学ぶ身分としては
うらやましい限りですね。

『アメリカ人の給料をもらい
 中国人の料理人を雇い
 イギリス人の家に住まい
 日本人の妻をめとる』

という最高の贅沢が本当だとしたら、日本人の妻をめとった
私は、幸せなのでしょうか。

是非、この文章を考えた方に、このブログを英訳して伝え、
考え直すように忠告したいです。はい。


----
↓いつもありがとうございます!(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/06/19(金) 01:06:44|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

知的英語の習得術

早速ですが、久々に図書館で借りた英語関連本のレビューでも。

知的英語の習得術



amazonの紹介では、英語学習方が紹介されている本とありますが、
その学習法はたいした事ありません。(^^;

そんな学習法よりも、著者の体験から語られる英語学習者の在り方、
というか、その心構えを延々と述べられているのですが、その説得力に
感銘をうけました。

著者はこの本で、英語が多少話せるようになって、日本人が持つ
典型的な欧米人のイメージ(フランクでジョーク好きなイメージ)
通りに振舞おうと人格まで変わってしまった人々を、滅多切りに
しています。

その中の言葉で一番、印象に残っている言葉が、

英語は「あなた自身」を正しく表現する道具

という言葉です。

私はまだ英語がしゃべれるようになっていないし、英語という
道具を使いこなせるまでにはなっていないですが、この言葉には
かなりドキっとさせられました。

実は私、今まで英語というものに、自分を変えてくれる力をちょっと
だけ期待していたのです。

何せ、今の内向的な自分が好きではなく、英語のスキルを身に
つける事で、自分を変える事ができ、自己実現を計れるではないか、
と考えていたのです。

でも、やはりそれはおかしな考え方なのですね。

英語は自分を表現するためのツールであって、英語を話そうが
日本語を話そうが、私は私なんですよね。

ここの本は、もう図書館に返してしまいましたが、この言葉を
忘れないでいきたいと思います。

尚、この本で最後にちょろっと記述されている学習法は、
一言でいうと、丸暗記方です。

私もこの英文丸暗記に燃えていた時期があったので、その学習法を
認められたようで、少しうれしくなってしまいました。

また、文法を疎かにして、実践だけで英会話を身につける事は
間違いだと明確に述べていて、このあたりも私の感性と合いました。

もし、お近くの図書館で見つけたら是非。
# 本屋には売っていないと思うので。。。(^^;


----
↓今年もよろしくお願いします。(投票ボタンとなっております)
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へみんなの英会話奮闘記
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2009/01/16(金) 23:44:45|
  2. 英語学習本|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
次のページ