英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

学ぶ

ちょっと前に、中1の長男が勉強に苦しんでいる事を書きましたが、
このブログを書いている今、症状は、もっと悪化しています。

勉強すること自体を拒絶し、無理やり机に座らせても、
全く手を動かさず、宿題さえも、なだめたり、怒ったり、
いろいろ手をつくして、ようやく何とかやり始めるような状況で、
かみさんも、かなりまいっています。

誰にでも一度は、勉強する事が嫌になる時期って、必ずあると
思うのですが、長男は今がその時期なのかな、、、と思い、
なんとか、乗り切ってもらえる事を祈るのみです。

前回も書きましたが、英語学習であれば、気が乗らない時は、
数週間単位で学習をさぼれる事だってできるのですが、さすがに
中間テストの勉強ではそれもできません。
# 宿題だって毎日のように出されるわけですし。。

私も長男の気持ちが分かるというか、私自身の中学生活が
それよりずっと酷かったので、あまり長男をせめるような
気持ちになれず、時が解決してくれるのを待つばかりです。

実際、私自身、中学生の時は、ほとんど勉強した記憶がありません。。

また、高校生の時も全く勉強してませんでした。。

今でも覚えているのは、高校生の時、塾通いをしていたのですが、
塾の入り口でカードをかざし(出席した事が記録される)、その
まま、友達と遊びに行ってたりしてました。
(今思うと、塾代を出してもらっていた親には、申し訳ない
気持ちでいっぱいなのです)

こういう、勉強をさぼる時期って、多かれ少なかれ皆さんに
あったのではないか、と思うのですが、如何でしょうか。

何故か、かみさんはそういった時期はない、と言い張っていて、
長男に対しても厳しくあたるので、それも長男にはかわいそうに
感じてしまいます。

結局、私は、浪人し、浪人時代に猛勉強し、そこそこの大学に
入る事ができました。

長男も、そういう同じ道を辿ってもいいと思うんですけどね。。

繰返しになりますが、本当に勉強をしたくない人に、
勉強をやらせるのは大変です。

それに、自分で勉強の意義を理解していないで、ただ強制されて
勉強しても、身につかないでしょう。

とりあえず、今は一緒に勉強してあげる等して、なんとか、
学力を落とさないようにし、いつか覚醒する時を待つばかりです。

今日は、悩み相談のようなブログになってしまい申し訳ありません。

ほんと、思春期の子供の親って大変ですね!!





# もうちょっと、おちゃらけた事が書きたいので、
# 来週、もう一回ぐらいブログ更新するかも。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/10/05(土) 00:14:26|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

スマホでPodcast

だいぶ前に、私もスマホを保有し、英語のソフトを探している
ブログを書きましたが、本日は、現在の状況を書きたいと思います。

スマホは、本当に私にとって必要なものとなっているのですが、
英語学習ソフトは、どうも、私に合うものはなく、たまに
ちょくちょくやる程度になっています。

ただ、このソフトだけは、使い勝手がよく、今でも愛用して
います。

・EnglishPod

このソフトは、スマホで直接英語のPodcastをいくつか
聞くことが可能で、今までiPodの役目だったPodcastが
スマホに変わりました。
(といっても、ソフトが対応しているPodcastのみですが)

やっぱり、スマホの手軽さで、ちょっとした空き時間に
Podcastを軽く聞けるのが、非常に快適です。

iPodの場合は、iPodをパソコンにつなぎ、iTuneを起動し、
Podcastをダウンロードし、iPodに転送する、という
長い手順をふまなくてはならず、それがこのソフトが
あれば、直接、スマホでPodcastを聞くことができます。
(またスクリプトを簡単に確認できるのもうれしいですね)

もっと、様々なPodcastがこのソフトで聞ければよいのですが、
とりあえず、今のラインナップでも、軽く聞くには
丁度良いです。

Googleストアのランキングも良いので、スマホをお持ちの方は
試してみてくださいね。

と、ここまでは英語の話なのですが、ちょっとだけ、
悪いお話を。。

というのも、スマホでこんなソフトにも、ちょっとはまって
いるのです。。

・マジシャンクロニクル


次男がディズニー好きなので、インストールしたのですが、
いつのまにか、私がちょこちょこやるようになって
しまいました。

パズドラもLineもやらない私が、これだけは、なんか
やめられません。

とりあえず、英語学習の障害とはなっていない、、、筈
ですが、いつか卒業するとしましょう。。

今日は短めですが、明日も6時に起きないといけないという
鬼畜仕様になっておりますので、そろそろ寝ようと思います。。


。。。ちょっとその前に、1ステージやってから。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/09/21(土) 01:28:23|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ピポンザABC

かみさんが働きに出るようになってからというもの、
かみさんが仕事に行く日は、私が次男を幼稚園に送る
ようになりました。

朝方、幼稚園が開くまでの間、次男と一緒に
テレビを見ながら待っているのですが、
ケーブルテレビで、最近、こんな幼児用英語番組が
流れてました。

ピポンザABC


ピポンザABC紹介ページ

地上波しか見られない方は申し訳ありませんが、
上記イメージから雰囲気を感じ取って下さい。

内容的には、『英○であそぼ』にそっくりな構成で、
人が違うだけで、大体中身も同じなのですが、
さすが公共放送でない局が作ると、いろいろと設定が
面白いですね。

まず、舞台が「Naka York City(ナカヨークシティ)」という
時点でだいぶ脱力なのですが、人物設定も独自的です。

例えば、この番組を見ていて、ほとんどしゃべらないキャラが
出てきたのですが、気になって上記ホームページでそのキャラの
説明を見てみたところ、

「見た目は人間だが、中身はほぼ犬」

と書かれていました。。

うん。犬ならしょうがない。納得です。

また、上記ホームページのキャラクター紹介ページを
見て頂きたいのですが、Mr.ナンジャというキャラが
います。

この風貌が、ハッ○ポッチステーションや
フッ○ブックローのパクリのような人形キャラで、
これ、著作権的に大丈夫なんですかね。。

そして、最後にヒロインの女の子、ピポンちゃん。

女の子、と書くには微妙な程、お歳を召していらっしゃるような
気がするのは、、つっこんで宜しいのでしょうか。。

それと、どうしてこういう英語番組のヒロインとなる女性は、
こういう似たようなタイプが多いのでしょう。

なんか、いかにもアメリカン!、って感じのノリで、
活発的というか、何も考えていないというか、そんな
タイプの女性が、メインになる事が多いような気がします。

もう少し、大和撫子風な女性がメインの落ち着いたノリの
英語番組ってないもんですかねぇ。。。

とまぁ、いろいろ書きましたが、私はわりと好きです。
この番組。

ちょっと茶化しちゃいましたが、ここからは真面目に、
語学の面からこの番組を紹介したいと思います。

まず、う〜ん、、と考えらさせられたのが、ホームページに
書かれているコンセプト。

> 名詞ではなく、動詞をメインとした構成
> 「動き」(動詞)から派生する名詞、形容詞も自然にバランスよく取り入れられる。


動詞をメインとした構成って、初めて聞きました。
面白いですね。

普通、教科書でも何でも、名詞から入ると思うのですが、
動詞から入るって、盲点をつかれた感じです。
(その妥当性はよく分かりませんが。。)

それと、番組で使われている英語の発音が容赦ないです。

日本人向けに少し聞き取りやすくしてあげようという
意図が感じられず、ネイティブ同士で使われる発声が
そのまま使われているような感じで、私が聞き取れない事も
多いです。
(私のリスニングが退化しただけなのかもしれませんが。。)

次男も、いつの間にか、『sure!』、なんて単語を真似して
発声するようになったのですが、ネイティブの発音を真似しすぎて、
私には聞き取れないです。

そんなネイティブの発音を聞いて、思うところがありました。

基本的に今の英語学習の流れって、カタカナ英語なんて
とんでもない、最初からネイティブの発音を聞かせて、
ネイティブの発声を身に着けよう、って流れじゃ
ないですか。

それでも、本当にそんなネイティブの発声って必要なのかな、と。

特に私は最近、カタカナ英語でコミュニケーションをとる場所に、
仕事でずっといた事もあって、それでも十分
コミュニケーションが取れていたので、本当に
 カタカナ英語=悪
なのかな、と疑問に思います。

もちろん、ネイティブ英語のシャワーがリスニング力を鍛える、
という意見に反対はしないですが、そこまでネイティブに
拘らなくてもいいんじゃないかな、なんて、ちょっと思いました。

結論もうまくまとめきれていなく、ただ思う所をつらつら
書いただけになってしまったのですが、自宅に
キッズステーションが見られる環境にある方は、是非、
このピポンザABCを見てみて下さいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/09/14(土) 00:59:12|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

Podcast考

ようやく子供の夏休みも終わりに近づき、長男の宿題も
今日になって終わりました。

長かった、かみさんが毎日のように宿題を早く終わらせるように
言い続けた日々からも、これで開放されます。

私自身の中学生時代は、かなり遊びほうけていて、宿題も
こんなに多くなかったような気がするのですが、時代が
変わったのでしょうか。

それでも、長男は一歩間違えればニートまっしぐらな
性格をしているので、まだまだ親が見守ってあげないと
いけない、というかみさんの意見には、私も賛成です。

そんなわけで、私も英語学習を本格的に再開しておりますが、
今日は、Podcastについて語りたいと思います。

このブログでも度々話題にしましたが、今までのPodcastの
中で最高だったのは、TBSラジオが製作していた
「英語にThank you!」
ですね。

このPodcastが終わってから、他にもいろいろと英語の
Podcastを聞いてはいたのですが、段々と遠ざかって
しまい、再開前まではiPodをパソコンにさえもつないで
いませんでした。

今回、学習再開するにあたり、久々に英語のPodcastを
見てみたのですが、、う〜ん、、あまり面白そうな
英語のPodcastが増えていませんでした。

英語学習のPodcastって、エンタメ性が強いものと、
学習性が強いものの、二つに分かれていると思います。
「英語にThank you!」は完全前者ですが、Upgraterの
ように学習性が強くても十分面白いものもあります。

今、前者のエンタメ性が強いPodcastが完全になくなって、
すべて学習性が強いものばかりで、少々、さみしい
状況のような気がします。

聞きたいっ、と思えるPodcastがあると、それを更新
したくて、他の学習系のPodcastもついでに更新し、
それで、学習系のPodcastで沢山学習ができてたんですよね。

すべてが学習系のPodcastだと、段々更新が面倒に
なってきて、フェードアウトしてしまうってことが、
今回、身にしみて分かりました。

# iTunesの更新の面倒さは異常だと思います。

そんなわけで、毎回、聞くのを楽しみにできるような
Podcastがあれば、是非、教えて下さい!!

英語Podcastがなくても、NHKラジオ講座等で学習は
できるのですが、やはりPodcastの気軽さは、貴重です。

# そういえば、スマホでPodcastってあまり聞かないですね。
# Androidで聞けるかどうか、ちょっと調べてみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/08/25(日) 01:13:21|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

英語難?女難?

連日午前様でへろへろなのですが、twitterで
いちばん嫌われるつぶやきが、「仕事で疲れた」とか、
「徹夜なう」なのだそうで、そういった事は
ブログに書かないようにします。

代わりといってはなんですが、何故だか分かりませんが、
最近、女性の方と仕事する機会が非常に多いです。

もともと女性の方は少ない業界で、数年間、
女性と話さない事も珍しくないのですが、
最近、立て続けにいろいろな女性の方と
ご一緒する機会が多いです。

仕事の上では、男性、女性、区別はないのですが、
どうしても、男性よりかは若い女性と
一緒に仕事をする方が、ちょっとウキウキして
しまうのは、男の性だと思って、お許しください。

「ふ〜ん。
 まあ、どうでもいいけど、女性と出会う
 機会が増えたのは、きっと、私が働くようになって、
 こうの呪縛が解かれたからじゃない。」


「呪縛って、、なんか呪いをかけてたんすか。。」

「ていうか。
 数年間、女性と話しをしない事も珍しくないって、
 言ってるけど、
 私は女性じゃないんだ?」


「。。。」

久々に書いてみますが、私がブログに書いている
会話は、実録です。。

とまあ、いつもの前振りはこの辺りで、私の仕事の
英語状況でも。

相変わらず、英語が飛び交う仕事場にいるのですが、
ついに英語のドキュメントも書き始めました。

一応、ビジネス文書なので適当に書くわけにもいかず、
ほんと、神経が磨り減るような毎日を送っています。

また、向かっているパソコンのすべての表示を
英語版にしました。

確実に外堀を埋められ続けている、というか、
私自身が外堀に埋められそうになっているような
気がするのですが、自分で望んでいた事だけに、
文句も言えません。

ただ、この英語版のパソコンって、いろいろな
発見があって面白いですね。

今まで、あるソフトで『金庫』っていう項目が
あって、『はい』か『いいえ』で答えなくては
いけなかったのですが、今一、金庫の意味が
よく分かりませんでした。

これを英語版にしてみると『金庫』の所には、
『safe』って書いてあって、『yes』か『no』で
答えるようになっていました。

『safe』の方が分かりやすいですよね。
ようは、それが安全かどうかっていう意味ですよね。

このソフトの翻訳者が、safeという項目に対して、
金庫っていう単語を用いたのだと思いますが、
分かりにくいです。

そんな今まで日本語でよく分からなかった項目が
英語にすると、簡単に理解できる事もあって、
ちょっと自分自身、嫌な感じです。(^^;

英語学習者としては、今理想の環境にいる事は
分かっているのですが、いざ、その環境に
入ってみると、いろいろと思うところがありますね。

この環境も多分今月一杯なので、本当は
素直に受け入れ、成長していかなくては
いけないのですが。。。

ちょっと、この嫌味のような書き込みも、
今月で終わる筈なので、しばらくお付き合い下さい。(^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/07/06(土) 00:06:51|
  2. 学習|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ