英語学習禁止??恐妻家による隠れ英語学習記録

自宅での英語学習を禁じられてしまった内向的で恐妻家の私が、如何に隠れながら勉強できるかを綴ったブログ (の筈が今は何でもありブログ)

言葉

早いもので、この9月でこのブログも6回目の誕生日を迎えました。

この間、私の人生においても様々な出来事があり、ブログを
休止していた期間もありましたが、これだけ長い間、続けて
こられたのも、月並みではありますが、訪問して頂いている
皆様のおかげです。
# 最近はまた、何故だかアクセス数が伸びている傾向にあり、
# うれしい限りです。

最近は、あまりネタもなく、自分としては納得のいくブログが
書けていないのですが、引き続き、このペースで続けて
いきますので、引き続き、ブログ共々、宜しくお願い致します。

と、6回目の誕生日の更新ですが、久々に、恐妻カテゴリの
更新です。

先日、妻と会話中、ふとした事から、こんなやりとりが
ありました。

「こう。
 毎日作っている夕飯で、なんか意見とかある?」


「う〜ん。。。」

「なんでもいいけど。」

「そうだなぁ。。。
 カレーは、飽きたかな。」


「。。。本当?、、、最悪。。。
 カレーは、主婦が献立に困った時に作る料理なのに、
 そんな事言われたら、もう作れないじゃん。」


「えっ。。。。」

「それに、カレーは、子供達が喜んで野菜を食べてくれる
 料理なのに、こうはそれを否定するの?」


「。。。そんなつもりじゃ。。。」

「一応、同じカレーでもルーを変えたり、
 具材を変えたり、いろいろやってんだよ。
 こうは、それを全否定するってこと?」


「。。。だから、そんなつもりじゃ。。。」

「飽きた、ってそういう事じゃん。
 そもそも、、、


(以下、このやりとりは1時間続く。。)

本当、言葉って恐ろしいですね。

私が無神経だったのかもしれませんが、夕食について
何らかの意見を求められて、ちょっと軽く意見を
言ったつもりが、非常に重い発言になってしまいました。

言葉の捕らえ方って、本当に人それぞれで、私のかみさんは
言葉を重く捕らえるほうで、私はコミュ障な事もあって
軽く捕らえるほうなので、私の軽い言葉を重く捕られない様、
気をつけてはいるのですが、それでも、こういった事が
ままあります。

言葉を重く捕らえるかみさんは、人の言葉に傷つきやすく、
人とのコミュニケーションで落ち込む事も多いのですが、
その分、人と深い付き合いが出来ているように思います。
(私は全く、その逆ですね)

これは私の偏見が入っているのかもしれませんが、言葉の重み、
発言の重みという意味では、英語圏も非常に重いと思います。

英語圏では、常に発言した内容に関しては、責任が求められ、
「あれは、冗談なのに。。。」なんて、言い訳は、きかない
のではないでしょうか。
(日本では、英語圏に比べれば、その辺りがまだ、ゆるいような
気がしています)

私自身、つい軽い無責任な事を言ってしまいがちなので、
仕事では重々気をつけているのですが、家庭内でも、
もっと気をつけないといけないですかね。。。

英語を学習し始めて長いですが、なかなか言葉の重みは
変えられないですね。。

これからも意識は持ち続け、少しづつでも、自分を変えられたら、
と、思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. 2013/09/28(土) 00:31:18|
  2. 恐妻|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

コメントの編集

秘密にする